サイバネットシステム(株)は、5月23日(火)~25日(木)にかけて米国ロサンゼルスにて開催される「Display Week 2017 」に出展する。同展示会は、電子ディスプレイ業界における世界最大規模のイベント。サイバネットシステムは、主に有機ELディスプレイ向けの開発から生産を支援するソリューションを展示する。
 有機ELディスプレイは様々なアプリケーションでの活用を期待されているが、液晶ディスプレイとは異なる有機ELディスプレイならではの技術的な課題も多く残されている。なかでもディスプレイの画質を向上させるための“ムラ補正”は、現時点では必須の技術や生産工程。サイバネットシステムブースでは、ムラ補正機能IPや生産向け自動装置をはじめ、有機ELディスプレイの生産を革新する製品や製品を用いたソリューションを紹介する。展示ブースでは実際のディスプレイを用いたムラ補正デモが行われる。
 主な出展製品は次の通り。
・有機ELディスプレイムラ補正機能IP
・生産向け有機ELディスプレイ自動ムラ補正システム FPiS-HPS
・生産向け有機ELディスプレイ高速ガンマ・ホワイトバランス調整システム FPiS-GW
・生産向け液晶/有機ELディスプレイAOI点灯検査システム FPiS-HS
・R&D向け液晶/有機ELディスプレイサブピクセルレベル評価システム FPiS-HP