三井化学(株)は、2019年1月16日~18日に東京ビッグサイトで開催される「第5回 ウェアラブルEXPO」に出展する。また、開催期間中の1月17日には、同社福田常務執行役員がウェアラブルに貢献する素材開発に関する特別講演を行う。展示会場は西2ホール(1階)、ブース番号はW14-16。
 展示品は次の通り。
TouchFocus™
 ワンタッチで遠近を瞬時に切り替えられる、次世代アイウェア
 ホワイトフレームのTouchFocus™初公開
眼鏡レンズ材料 SunSensors®
 紫外線の量に合わせて色が変化し、光の透過をコントロールする調光技術
眼鏡レンズ材料 UV+420cut®
 有害な紫外線や高エネルギー可視光線の一部をカットする光波長制御技術
眼鏡レンズ材料 NeoContrast®
 眩しさから眼を守り明るさや色の差を見分ける力をアシストする光波長制御技術
圧電ライン PIEZOLA™
 感度の高さ、柔軟性をもつ同軸線状構造を活かした接触、振動検出センサ
 (株)アークと共同製作の次世代バイタル測定シートを体感展示
アブソートマー®
 温度によって質感が変わり、特に体温付近で軟化する素材
光学接着剤原材料
 光学用途に最適な、ガラスや樹脂に良く密着する接着剤の原材料
光弾性ポリウレタン
 柔軟かつフレキシブルなセンサ(触感・位置・角度センサ)の原材料
    
 特別講演の概要は次の通り。
開催日時
 2019年1月17日(木)12:35~13:15
開催会場
 TFTビル 西館2階ホール
講演者
 福田 伸(三井化学 常務執行役員 研究開発本部長)
演 題
 「素材を創る三井化学だからこそ描ける未来がある」
講演番号
 WEA-S1 特別講演①ウェアラブルの性能を飛躍的に向上させる最新 素材・電子部品