AGFA社(ベルギー・モーツェル)はthe Specialty Graphic Imaging Association(以下SGIA)でプロダクト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。SGIAのプロダクト・オブ・ザ・イヤーは先進的かつ特色のある最新機器、ソフトウェア、消耗品に与えられる賞として認知されており、今回受賞したのはAGFAのワイドフォーマットUVインクジェット(IJ)プリンタ「Jeti Mira 2732 HS LM LED」(ハイエンドUVフラットベット部門)。
SnapCrab NoName 2019 10 23 11 36 27 No 00 R Jeti Mira は独自開発された高濃度UVインクと最新の高解像度ヘッドを搭載し、最高水準の印刷品質と最高248m2/時の高生産性を備えたフラットベッドIJプリンタ。顔料濃度の高いUVインク(6色+白)を搭載し、最新のプリントヘッドとLED UV硬化技術を採用。
 「当社が独自で開発したUV LEDインクは、最小限のインク量で、高濃度な印刷が可能なため、生産性を高め、省電力・インクコストの削減が期待できます。Jeti Miraは最大の投資効果を得ることができるインクジェットプリンタです」とAGFA社のマーケティングディレクターであるデボラ・ハッチソン氏は述べている。
 さらに、Jeti Miraはホワイトインクにより、レザー、木目、油絵などの凹凸表現を可能とする「厚盛印刷」やクリアインクで奥行のある3D表現やアニメーション表現を実現する「3Dレンズ印刷」など付加価値の高い印刷物を製作する特殊印刷機能が欧米でも高い評価を受けている。
 日本においても、「厚盛印刷」「3D レンズ印刷」は高い評価を受け、サインディスプレイ商品の差別化を目指す多くの制作・出力会社で導入され、高付加価値印刷に貢献している。