(一社)日本食品機械工業会(東京都港区/林孝司会長)は、2017年6月13日(火)〜16日(金)の4日間、東京ビッグサイト(東1〜8ホール)において「食の未来への羅針盤。」をテーマに、「FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展」を開催する。
 「FOOMA JAPAN」は、食品製造プロセスの上流から下流まであらゆる分野の製品や技術およびサービスなどが一堂に集結する「食の技術」の総合トレードショーで、会場内では出展社と来場者のみならず、出展社同士の商談も活発に行われている。例年、国内外から約10 万人が来場するが、2016 年は海外からの来場者数が前年の1.5 倍に増加するなど、新たな食のビジネスを切り拓く場として、海外からの注目度も年々高まっている。

 1978年の初開催から“40回目”を迎える来年は、より多くの企業に出展機会とビジネスチャンスの提供を実現すべく、新設の東7〜8ホール(合計約15,000㎡)を加えて会場を拡大して開催。ついては、来たる11月1日(火)より一般((一社)日本食品機械工業会の会員でない企業)の出展申込受付を開始する。募集の対象は、「原料処理」「食品製造・加工(菓子・パン/食肉・水産物/麺類/調理食品/飲料・乳製品/農産物/豆腐/発酵・醸造/その他食品)」「エンジニアリング・生産流通システム・IT ・IT ソリューション」「鮮度管理・品質保持」「包装・充填」「保管・搬送・移動」「計測・分析・検査」「衛生対策・管理」「環境対策・リサイクル」「設備機器・技術・部品」「コンサルタント・特許」「情報サービス・団体など」の全12分野で、出展申し込み締切は2016年11月21日(月)。

概要
名称:FOOMA JAPAN 2017
   国際食品工業展 2017
   International Food Machinery & Technology Exhibition

目的:食品機械・装置及び関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとし、「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案する。

会期:2017年6月13日(火)〜16日(金)の4日間  10:00〜17:00

会場:東京ビッグサイト東展示棟(1〜8ホール)

規模:686社/28492㎡(2016年実績)※出展社数は共同出展社を含む

来場者数:94497人(2016年実績)

入場料:1000円(税込)※招待券持参者、事前登録者は無料

テーマ:食の未来への羅針盤。

主催:一般社団法人日本食品機械工業会

後援:経済産業省/農林水産省/厚生労働省/東京都/日本貿易振興機構(予定・順不同)

公式サイト:http://www.foomajapan.jp

出展申込要項
1.申込受付期間:2016年11月1日(火)〜11月21日(月)まで。※当日消印有効
申し込み多数の場合は、出展製品・サービス、出展規模、過去の実績、実演の有無などを考慮して、主催者により出展社を決定。

2.出展申込方法
所定の出展申込書に必要事項を記入の上、下記の運営事務局へ提出(郵送)。※電話、FAX、メール、持参での受付は不可。
〒108-0023 東京都港区芝浦3-19-20 ふーまビル1階
FOOMA JAPAN運営事務局

3.出展料:14タイプの中から選択/タイプA(7.5㎡/¥270,000)が1単位

※詳しくはFOOMAJAPAN 公式サイト(www.foomajapan.jp)、またはFOOMA JAPAN運営事務局(03-6809-3745)まで