(株)J-オイルミルズのグループ会社である(株)J-ケミカルは、抗菌・抗ウイルス機能を持つ製品の原材料としての需要の高まりを受け、水溶液型銀系抗菌剤・抗ウイルス加工剤「AGアルファ(R)CFシリーズ」の生産を増強した。
 AGアルファ(R)は銀を有効成分とした抗菌剤・抗ウイルス加工剤だが、従来の銀系抗菌剤と異なり、銀イオンを特殊技術で安定化して水溶液としているため、液体に添加可能で、高い安定性、安全性を有している。
 現在、住環境向けスプレー、住居用洗剤、水系塗料、間仕切りシートなど、抗菌・除菌性、抗ウイルス性・防カビ性が求められる幅広い用途で使用されている。
 日本国内では、生活環境を清潔に保ちたい、という衛生志向の高まりから、抗菌剤・抗ウイルス加工剤に対する需要は年々増加しているが、このたびの新型コロナウイルス感染拡大を受け、その需要は更なる高まりを見せている。このような状況の中、同社ではAGアルファ(R)の製造設備の増強を行い、抗菌剤・抗ウイルス加工剤の需要に対応していく。
 また、今後はコロナウイルス科に属するヒトコロナウイルス等に対する試験の実施や、製品特性を活かした新たな用途の検討を進めていく。その一環として、同製品の使用を検討してもらえる企業を対象に、AGアルファ(R)の無料サンプルを提供する。