積水化学工業(株)の高機能プラスチックスカンパニーは5月25日、介護向け離床・起き上がりセンサー「アンシエルTM(ANSIEL TM)」(以下「アンシエル」)を発売する。
 アンシエルは、ベッドのマットの下に設置することで、ベッド上の要介護者の動きを検知・解析し、介護者のスマホやPCなどの端末*1に通知する介護支援用品。アンシエルに内蔵された同社独自開発の高精度圧電センサーにより、ベッド上の要介護者の体動・起始・起上を含む7項目*2の動き・状態を検知・解析し、介護者に5秒程度で通知することが可能。これにより、要介護者の夜間の1人歩きや徘徊リスク、立ち上がり動作にともなうケガのリスクの低減や健康管理に貢献するとともに、介護者の負担軽減を支援しする。
  介護関連商社などを通じて介護施設・医療施設への販売活動に注力し、2022年度に10億円の売上高を目指す。
*1 ナースコールでも使用えるが、別途、中継器や接続コードが必要。
*2 7項目とは、体動・起始・起上のほか、不在、在床、心拍、呼吸のこと。体動とは寝返りなど、睡眠時に体が少しでも動いている状態、起始とは上体を起こそうと動き始めた状態、起上とは上体が完全に起き上がった状態。
SnapCrab NoName 2020 5 22 18 45 58 No 00<アンシエルの製品概要>
構成
 センサーシート・デバイス部及びAC電源
サイズ
 ・センサーシート・デバイス部:230mm×800mm×厚み23mm(デバイス筐体含む)
 ・AC電源:アダプター45mm×33mm×25mm、コード長さ1650mm
使用方法
 ベッドのマットや布団の下に敷いて使用する。マット厚みは200mm以下を推奨。200mm以上の厚みがあるマット、エアマット、スプリングマットの場合は正常に動作しない可能性がある。
参考価格
 80,000円/1台(消費税抜)
製品ウェブサイト
 https://www.sekisui-ms.co.jp/product/health_care-related/long-term_care_field/1348175_28556.html
<参考>アンシエルに搭載する高精度圧電センサーの仕組み
1.構造・機能
 高精度圧電センサーは、ポリオレフィンフォームとアルミの複合シートで、シートにかかる圧力を電気信号として検知する。アンシエルの場合は、信号の特徴から、圧力の原因となる動きを、体動・起始・起上・不在・在床・心拍・呼吸の7項目に解析する。

2.センサー原理
 帯電させたポリオレフィンフォームに圧力がかかると、圧縮される際のわずかな形状の変化により電荷が発生する。この電荷がアルミシートに伝わり、電気信号として検知される。