アサヒビール(株)パナソニック(株)は、有機資源を高濃度に活用した飲料容器「森のタンブラー」を活用し、生活者の消費行動におけるCO2排出量およびプラスチック廃棄物の削減を推進し、飲料容器をリユースする文化を醸成することを共通の目的とした業務提携契約を締結した。
 これまでの共同開発から業務提携とすることで、両社の強みを活かし消費者啓蒙、活用先拡大、ブランディングなどの“コト作り”に共同で取り組み、「森のタンブラー」の事業化に向けた活動を強化していく。2021年4月までに、生産体制の構築と一般への販売体制を確立し、持続可能な事業を創出していく。

2020 06 30 asahi

【「森のタンブラー」について】
 昨今の海洋プラスチック問題や石油資源の枯渇、地球温暖化といった環境問題から、天然資源の効率的な利用(SDGsゴール12)や、海洋汚染の防止および大幅な削減(SDGsゴール14)が国連の開発目標として定められ、プラスチック使用量の削減が世界的に求められている。このような中、両社は使い捨てという消費行動自体を変革することに着目し、使い捨てしない飲料容器として、共同で、パナソニックの開発した「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用した世界初のエコカップ「森のタンブラー」(愛称「森タン」)を開発し、2019年7月から小ロットでのテスト販売を開始した。現在までに企業・行政・消費者団体と協業し、「GAMBA EXPO 2019」「B-1グランプリin明石」「つくばクラフトビアフェスト2019」などの様々なアウトドアイベントで累計約1万個を展開した。使い捨てプラスチックカップを約3万個削減したと見込むと、プラスチックゴミが約0.3t、CO2が約2.1t削減された計算となる。

【「森のタンブラー」を活用した今後の取り組み】
①ガンバ大阪オフィシャルオンラインショップでの販売
・パナソニックがダイヤモンドパートナー、アサヒビールがゴールドパートナーであるガンバ大阪のオフィシャルグッズを販売しているオンラインショップにおいて、7月中旬からガンバ大阪オリジナル「森タン」を販売し、自宅での試合観戦時の家飲み需要の開拓をすすめる。
・「森タン」の素材特性を活用し、エンブレムや、好きな選手の背番号とネームなどをレーザー刻印するカスタムデザインを展開する

②ボーイスカウト日本連盟「森と未来を創ろう!コンテスト」で「森タン」を活用 
・公益財団法人ボーイスカウト日本連盟と連携して、使い捨て容器削減の啓発のため、「森タン」を活用して「森と未来を創ろう!コンテスト」を実施する。
・全国のボーイスカウト約10万人の子供たちを対象として、「森タン」の紹介動画や、「森タン」の素材を使った新しい商品提案など、デザイン・アイデア・商品企画の3つの部門で7月6日から10月11日まで企画を募集し、12月に審査・発表される予定。
・ボーイスカウト日本連盟と一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会が主催し、アサヒビールとパナソニックの社員や社外有識者が審査に参加する。
https://www.scout.or.jp/member/morimirai-contest-2020

③実店舗で販売開始
6月初旬より実店舗での販売を開始。展開場所の拡充を図る。
2020 06 30 asahi2■パナソニックミュージアム内「松下幸之助歴史館」「ものづくりイズム館」(大阪府門真市)
・6月1日から松下幸之助の揮毫「道」「素直」「青春」をデザインしたパナソニックオリジナル商品を販売している。
■パナソニックセンター大阪(大阪府大阪市)
・6月8日にオープンしたカフェ「Re-Life ON THE TABLE」でスイーツ容器として活用している。また単品での販売も行っている。
■二子玉川蔦屋家電2階「RELIFE STUDIO FUTAKO(リライフスタジオフタコ)」(東京都世田谷区)
・6月25日から販売。各種「森タン」に加え、持ち運びに便利なネックストラップも販売している。(予定数がなくなり次第終了)
https://rs-futako-event.jpn.panasonic.com/public/seminar/view/3235
■アサヒビール園神奈川 足柄店(アサヒビール神奈川工場併設)
・レストラン内の物品販売コーナーにおいて、各種「森タン」を販売している。

④ホームページ「Future Tide」を開設、ECショップ「森タン公式ショップ」で販売開始
・アサヒビールの「消費者に身近なSDGs」の取り組みを発信し、ともに取り組む仲間を募集するホームページ「Future Tide」を6月29日に開設した。「森タン」をはじめとした、「見て・触って・実感できる」SDGsの取り組みを発信し、社会課題解決に一緒に取り組んでいただける仲間を募集していく。