三井化学(株)は、人間の肌に近い感触を実現するゲル新素材を用いて、音響テストに基づいて人間の拍手に近い音を再現した拍手ハンドを開発し、この度、バイバイワールド(株)のエンターテイメントロボット「ビッグクラッピー」の2020年モデル(6月30日に販売開始)に採用された。
 「ビッグクラッピー」は、拍手と音声を掛け合わせることで、人を楽しませる拍手ロボット。よしもとロボット研究所チーフクリエーターも務めた、バイバイワールドの髙橋征資代表は、これまで多くの拍手ハンドを試してきたが、より人間に近い拍手音の再現を追求していた。そのような状況の下、東京都中小企業振興公社の紹介がきっかけで、バイバイワールド社と三井化学の間で、拍手ハンドの開発を進めることになった。
 三井化学は、拍手音を最適化するため、ビッグクラッピーの音響テストを実施した。ゲル素材の分子構造を変えることで、様々な硬度や反発性の異なる拍手ハンドを製作。さらに、音響テストによる時間-周波数特性解析を比較することで、人間の拍手音に合った広い周波数帯を再現することが可能となった。
 近年、ロボットを人間へ近づけていくために、柔らかい素材でできたロボット部品のニーズが顕在化している。ゲル新素材は、三井化学の分子設計技術をベースに、10年以上かけて、人間の肌に近い物理特性を自由に制御する技術を蓄積して開発した。
 バイバイワールドの髙橋征資代表は次のようにコメントしている。
 「三井化学のゲルスペシャリスツのご協力により、ビッグクラッピーの拍手の音がより一層リアルで大音量に進化しました。最高の『手』をありがとうございます。バイバイワールドの拍手への異常なほどの執着と、三井化学の先端な研究成果の奇跡的な出会いとなりました。今後も柔らかさと力強さを兼ね備えたロボット製品で、人々の心を揺さぶっていけたらと思います」

 三井化学のロボット材料事業開発室では、革新的なロボット向けに、プラスチック部品の製造販売を行っている。今回の拍手ハンドは、同社のゲル新素材と金属を一体成型することにより製造している。また、このゲル新素材は、眼科手術練習シミュレーターの眼球モデルにも採用されており、サービスロボットや医療分野など、人の肌に近い柔らかな触感が求められる様々な製品へ応用していきたいと考えている。