2020 07 30 marubeni1 丸紅(株)は、食品廃材を原料とし、何度でも生まれ変わることができる“循環型食器” 『edish』(エディッシュ、以下、『edish』)の実証実験を開始する。今後事業化を検証し、“食器のアップサイクル”で「食」を起点にした循環型社会の実現を目指す。
 『edish』は、丸紅のビジネスプランコンテストから誕生した、環境に負荷をかけない“循環型食器”。『edish』のアップサイクルでは、これまでほとんど用途がなかった食物の皮や芯などの食品廃材を、独自の 技術で食器に成型し、飲食店へと提供。使用後は、食器を回収し、工場にて粉砕・乾燥。その後、飼料や肥料 などへ加工し、畜産事業者や肥料事業者に提供することを目指す。また、本取り組みでは、お客様が料理 を食べ終わった後、自らの手で『edish』を「回収 BOX」に入れてもらうことで、環境に配慮した循環型社会 への参加意識も醸成する。
 今回の実証実験では、(株)ゼットン(代表取締役社長 鈴木伸典)の協力により、8月11日から10月31 日(予定)までの期間、ユーザーの検証および循環サイクルの検証を実施する。飲食店やお客様からのフィ ードバックによる細かなサービス改善を重ねながら、事業化を検討していく、オープン型の実証実験となる。
 第一弾は、小麦ブラン(小麦の皮)を原料として、“つぶして回収する”という特徴をもったボウル容器 (『edish bowl』)と、平皿(『edish flat』)、および深皿(『edish deep』)の計3種類を製品化。回収後には、公 園内での肥料として活用することを目指す。

『edish』公式ホームページ:https://edish-jp.com/ “循環型食器”『edish』
『edish』のアップサイクル・プロセス

2020 07 30 marubeni2<実証実験の実施店舗>
・葛西臨海公園 CRYSTAL CAFE
・葛西臨海公園 バーベキュー広場

<ボウル容器の回収について>
 食べ終わったあとに「つぶして回収 BOX に入れる」というアクションを挟むことで、実際の手の感触を通じ て、『edish』が目指すアップサイクルや、環境問題を考えるきっかけをつくりだす仕組み。