BASFの子会社であるtrinamiX GmbH(トライナミクス社、本社:ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン)は、日本市場に向けた赤外線センサー事業の技術サポート体制と販売ネットワークを強化している。その一環として、この度、(株)アイ・アール・システムと赤外線センサーの販売代理店契約を締結した。この契約は、trinamiXが開発・製造する赤外線センサーHertzstück™ (ヘルツシュテュック)を、アイ・アール・システムが日本市場に向けて販売するもの。相互の営業活動を制限しない非独占的な販売代理店の形態とすることで、相互の自由な営業活動による相乗効果を狙う。また、trinamiX製赤外線センサー事業については、BASFジャパン(株)内に推進チームを設けて日本での事業拡大を目指しており、すでに日本の顧客向けに商品供給も開始している。
 trinamiXの赤外線センサーは、PbS/PbSe(硫化鉛/セレン化鉛)光導電素子で、波長1~5µmの近赤外線(NIR:Near-Infrared)の検出が可能となる。trinamiX独自の薄膜封止技術により、使用環境中の水分や酸素による品質劣化を極限まで低減させることができる。また、この薄膜封止技術によりベアチップ状態での商品供給も可能となり、センサー素子の大幅な薄型化に加え、プリント回路基板(PCB:printed circuit board)への表面実装が可能になる。このPbS/PbSe 赤外線センサーは、赤外分光器、ガスセンシング、炎・火花検出、火炎制御、医療機器、およびIoTセンサーシステムなどの様々な産業領域や用途において優れた性能を発揮する。
 trinamiX IRセンサー開発部長のDr. セバスチャン・バロッフは次のように述べている。
 「日本は、赤外線センサーを含むハイテク産業において世界最大級の市場の1つであり、産業用システム、医療機器、民生用機器等の領域で世界的リーディングカンパニーが数多く存在しています。この重要な日本市場で事業を強化できたことを大変うれしく思います」
 また、BASFジャパン経営推進本部 trinamiX事業開発マネージャーの山野裕貴氏は、「アイ・アール・システムは赤外線技術分野における高い専門知識に加え、日本市場における多様な産業分野との販売ネットワークを持っています。両社の協力関係の強化により、日本のお客様に向けた一層の販売チャネルの拡大を確信しています」と述べている。trinamiX は、日本市場において赤外線センサーおよびそのソリューションによる、今後のさらなる顧客支援を目指す。
SnapCrab NoName 2020 9 16 11 21 58 No 00 R