2020 11 20 rengo レンゴー(株)は、海洋プラスチックやマイクロプラスチック問題の解決に向けて、同社武生工場で生産するセロファンや紙をベースに、生分解性素材を組み合わせたパッケージング材料の新シリーズ「REBIOS」を上市した。
 「REBIOS」は、バイオマス由来のセロファンや紙を最大限に活用することにより、高いバイオマス度と生分解性を有している。また、生分解性樹脂との複合によりヒートシール性や防湿性も付与され、食品、日用品、衣類、衛生材料などのパッケージとして、幅広く使用できる。 同社は、今後も「REBIOS」シリーズの拡充を図るとともに、資源を有効活用し、地球環境への負荷を低減しながら、高品質で付加価値の高いパッケージづくりを通じて、より良い社会、持続可能な社会づくりに貢献していく。
2020 11 20 rengo2 同社のセロファンは、木材パルプを原料とするバイオマス由来の透明フィルムで、日本有機資源協会のバイオマスマークにおいてバイオマス度95を認定取得している。また、土壌だけではなく、海洋での生分解性にも優れており、ベルギーの測定機関OWS(Organic Waste Systems)における海水中での生分解性試験で、極めて高い生分解性が確認されている。