三菱ケミカル(株)は、同社の軽金属事業の譲渡について、寧波江豊電子材料股份有限公司(本社:中華人民共和国浙江省余姚市、董事長:姚力軍、以下「KFMI社」)およびKFMI社グループである同創普潤(上海)机電高科有限公司(本社:中華人民共和国上海市、董事長:姚力軍、以下「TCPR社」)との間で合意した。2021年4月を目途に譲渡する予定。
 また、軽金属事業のうち今回の譲渡の対象外である金型材「KNシリーズ」の製造販売について、同譲渡にあわせた撤退を検討している。
 KFMI社およびTCPR社は、半導体や液晶用のスパッタリングターゲット材メーカーで、特にアルミ製ターゲット材では世界トップクラスの地位を有している。世界の高純度アルミ業界にも精通する同社は、三菱ケミカルの軽金属製品の長年の取引相手でもある。
 三菱ケミカルは、三菱ケミカルホールディングスグループの中期経営計画「APTSIS 20」に基づき、ポートフォリオマネジメントの強化に取り組んでいる。今般、自社事業の上流に位置する事業の買収および日本での拠点獲得による事業強化を企図するKFMI社およびTCPR社との間で、本事業の譲渡につき合意に至った。