SnapCrab NoName 2020 12 2 20 17 37 No 00 R BASFは、(株)ZMP、(株)ビー・アンド・プラスと共に、充電インフラストラクチャーソリューションに対する需要の高まりに応えるため、自律型ワイヤレス充電を可能にするコンセプトロボット、「MobiPOWER(モビパワー)」を開発した。
 ZMPの代表取締役社長の谷口 恒氏は、次のように述べている。「2025年までには、750億以上の、電話や電気自動車などのコネクテッドデバイスを充電する必要性が生じます。利便性の高い充電ソリューションであるMobiPOWERを通じて、私たちはこの需要にこたえることができます。MobiPOWERは、5G、IoT、AI機能を組み合わせた高度なコンポーネントやセンサーを格納できる堅牢性を持っています。また、屋外でも使用できる耐久性を備えています。BASFのソリューションは、私の創造力や当社のロボットの可能性を広げてくれました」。
 MobiPOWERのワイヤレス充電コンセプトでは、自律型の充電ソリューションにおける技術的課題に加え、より高い信頼性と最高の安全基準を満たす充電を可能にするため、BASFのクリエーションセンターによる高度な材料と設計サポートが必要であった。

共同開発の機会を模索することで、新たな用途を推進
 BASFの幅広い高度な素材ソリューションが、MobiPOWERの開発に貢献した。Ultradur® PBT(ウルトラデュアー PBT)と Ultramid® PA(ウルトラミッド PA)が、クラス最高の材料として MobiPOWERのレーダーハウジング、ライダー、保護フィルム、その他電気装置に使用することができる。
• Ultradur®は機械強度や耐薬品性が高く、優れた耐候性、EMIシールディング性、断熱性を持ち合わせており、ワイヤレス充電器に使用することでより確実で、最高な安全基準を満たすことができる。
• Ultradur®をレーダーハウジングに使用することで、寸法安定性や耐熱性を実現し、反りを抑える。また、優れた機械特性を持ち、レーザー溶接も可能。ライダーに関しては、BASFの素材ソリューションが優れた機械特性、流動性、高剛性、耐衝撃性を実現する。
• Ultramid®とUltradur®は、ボディハウジングに使用することで、高い表面品質、優れた耐擦傷性、耐薬品性、着色性を実現する。例えば、BASFのUltramid® Advanced N(ウルトラミッド アドバンスト N)は、MobiPOWERのLED照明に使用され、表面の仕上がりと経年劣化に対して高い品質安定性を実現する。この革新的な素材ソリューションは部品成形が可能で加工や着色が容易なため、設計の自由度も上がる。
 熱可塑性ポリウレタンのElastollan®(エラストラン)を使用した塗料保護フィルムは、優れた耐加水分解性、耐摩耗性による高い耐候性、耐擦傷性を実現する。Elastollan®の特性をさらに最適化することで、耐久性、絶縁性、耐薬品性を高めることが可能。

事業、環境、社会のための価値創出のパートナーシップ
 BASFアジア太平洋地域パフォーマンスマテリアルズ事業本部シニア・バイスプレジデントのアンディ・ポスルスウェイト氏は、「こうした共創により、要件の厳しい用途の新たな課題を克服するためにお客様をサポートする、BASFの素材ソリューションの可能性と能力を示すことができました。また、我々の素材ソリューションによって、エネルギー効率や耐久性を改善することで、最終製品の寿命を改善し、持続可能性を高める能力を実証することができました」と述べている。
 金属ではなく高機能プラスチックで作られる充電器は軽量のため、エネルギー消費を抑えることができる。そのためエネルギー効率が高い状態で充電器の運用が可能。