日精樹脂工業(株)は、プラスチック製品の加工に欠かすことのできない射出成形機の専業メーカーとして、多彩なラインナップを取り揃え、国内外のプラスチック成形加工メーカーの個々のニーズに応えている。その射出成形機の出荷台数が、昨年12月に累計14万台を突破した。
出荷推移 R
 1947年にプラスチック成形加工業で創業した同社は、1957年に機械メーカーに転身、射出成形機の専業メーカーとして、仕向け先の業種のニーズに合った成形機や成形技術、成形システムの開発、生分解性樹脂など新素材への対応も積極的に展開してきた。
YD 2 R                                                                                                                                     販売第一号機のYD-2型(1957年)
 また同社は、本社工場に加え、2009年より中国・タイ・米国に3つの海外工場を順次開設し、昨年1月にはイタリアの同業メーカー最大手「ネグリ・ボッシ」を子会社化し、世界5極の生産体制によりグローバル市場に向けて射出成形機を供給している。直近では、コロナ禍による海外工場の稼働停止措置等も経験したが、長期的には各工場での生産機種・数量など生産能力を順次拡大し、順調な稼働を続けている。
 累計14万台という出荷台数は、国内成形機メーカーでは業界最多(同社調べ)。なお、ネグリ・ボッシを含めたグループ全体の累計出荷台数は、191,500台超となる。
 ネグリ・ボッシがグループ傘下に加わったことで、同社グループは型締力7トンから7000トンまで、汎用機から専用機までをフルラインナップで提供可能となったほか、日精樹脂とネグリ・ボッシの相互補完によって販売・サービスネットワークが拡充され、世界中の顧客をより広範にサポートすることが可能となった。