住友化学(株と米パデュー大学は、これまでも複数の分野で共同研究に取り組んできた。化学科のアレクサンダー・ウェイ教授、化学工学科のチョンリー・ユアン准教授と取り組 むプロジェクトでは、さまざまな化学物質を迅速かつ簡便に分析できる低コスト診断プラ ットフォームの実現に向けて、次世代の分析技術の開発を目指している。化学科のジョ ナサン・ウィルカー教授とは、水中でも優れた接着力を示すムラサキイガイやカキなどに ヒントを得た、生物模倣接着剤の開発に取り組んでおり、エレクトロニクスから建設まで、 幅広い産業への応用が期待されている。
 今回開始した先進農業プロジェクトでは、農業・生物工学科のジャン・ジン准教授と住友化学が共同で、植物の根や葉などの形状を画像診断し、必要な農薬や肥料などを解析する技術の開発に取り組む。さらに、この技術を応用して植物の成長やストレスの仕組みの解明を進め、農業の生産性向上に貢献する新たな技術や製品の開発にもつなげていく。
 パデュー大学の最高パートナーシップ責任者、ダン・ハールマン氏は次のように述べている。「これらのプロジェクトはパデュー大学と住友化学の戦略的なパートナーシップの基礎になるものです。両者の強みを融合することで、エネルギー、エレクトロニクス、医療、食糧など、われわれの日常生活の向上につながる成果が期待できます」。また、住友化学の専務執行役員(技術・研究開発担当)である小川育三氏は次のように述べている。「住友化学は オープンイノベーションを積極的に推進し、将来の社会ニーズに応えるソリューション開発に取り組んでいます。パデュー大学との共同研究プロジェクトにより、さまざまな産業を支える技術の創出を期待しています」。