(株)日本HPは、(株)インパムが、新たに「HP Indigo 6900 デジタル印刷機」を導入したことを発表した。「HP Indigo 6900デジタル印刷機」は、インパムグループで製造を担う(株)インパムシールに設置される。インパムは、高性能なHP Indigo デジタル印刷機を導入することにより、変化する顧客動向への適応と新しいビジネスモデルの創造によるデジタル印刷の収益性向上を目指す。また、インパムは「HP Indigo 6900 デジタル印刷機」の導入により、パーソナライズやカスタマイズラベル印刷、軟包装パッケージング印刷サービスを拡充し、主に地域のブランドとのつながりの強化を図る。
 消費者が購買行動に慎重になる状況においては、ブランドは顧客の関心を引くために、これまで以上に創造的でパーソナルで記憶に残るブランド体験を提供することが求められる。
 インパムは、2005年に「HP Indigo WS4000デジタル印刷機」を初めて導入して以来、HPの長年の顧客。「HP Indigo 6900デジタル印刷機」の汎用性は、インパムの生産性の向上と、ブランドが顧客に対して心に残る新たな体験を提供する支援を行う。今回の採用は、パーソナライズとカスタマイズを通じて印刷事業者の継続的なビジネスの成長と収益性向上を支援し、持続可能で革新的なイノベーションを提供するHPの取り組みを示すもの。
 「HP Indigo 6900デジタル印刷機」は、ラベル&パッケージ向けのナローウェブ印刷ソリューション。バリアブル印刷やインラインプライミング(ILP)などの機能により、生産プロセスを簡素化し運用スピードを向上できる。これにより、インパムは、ユニークなインキ、デザイン、セキュリティやブランド保護などのソリューションを備えた高付加価値のラベルやパッケージを顧客に提供することができる。

インパムシール 岩田様 R■インパムシールの岩田大樹 専務取締役からのエンドースメント
 HP Indigo 6900デジタル印刷機の導入と、日本HPが提供するビジネス開発プログラムへの参加により、インパムグループは社内改革に着手し、グループ内でのシナジーを高め、最新のソリューションを習得し、お客様にとってより価値の高いラベルやパッケージの創出を目指します。今後、HP Indigoエコシステムの一部として、印刷生産オペレーティングシステムであるHP PrintOSXなどのソリューションを活用し、生産性の向上と生産フローの更なる合理化を目指します。インパムは、将来を見据えて、HP Indigoデジタル印刷機への投資を継続し、HP Indigoソリューションとともに、お客様、ブランド所有者、地元の中小企業のビジネスパートナーになることを目指しています。