凸版印刷(株)は、「サステナブル バリュー パッケージ™」のラインアップの1つとして、油性バイオマスインキと水性パックニスの組み合わせで製造方法を確立した環境対応オフセット印刷「エコラスター™」を開発した。主に紙器印刷で使用されているUV印刷と同等のリードタイムで製造することができ、従来の油性印刷と比べ、生産性が大幅に向上する。原材料には植物由来のバイオマスインキ(メタリックインキ除く)を使用しているため、バイオマスマークと植物油インキマークの付与が可能。また、今回の印刷技術は、UVランプを未使用で、植物由来のバイオマスインキを使用しているため、一般のUVオフセット印刷と比較して、インキの原料由来と印刷工程を合わせてCO2排出量を約34%削減する。
 なお、製品は2021年2月24日(水)から26日(金)に開催される「TOKYO PACK 2021-東京国際包装展-」(会場:東京ビッグサイト)の凸版印刷ブース(南1ホール・小間番号S1-12)に展示する。

2021 02 22 toppan1環境対応オフセット印刷「エコラスター™」のイメージ
© Toppan Printing Co., Ltd.

開発の背景
 油性インキは色域が広く色再現性に優れていることは広く知られているが、これまでの油性印刷では、製造リードタイムが長く生産性が落ちるという課題があり、一般のオフセット印刷時は、製造リードタイムを大幅に短縮できる速乾性の高いUV印刷が主流となっていた。 今回凸版印刷は、これらの課題を解決すべく、新たに採用した材料と製造方法により、油性バイオマスインキと水性パックニスを組み合わせた環境対応オフセット印刷「エコラスター™」を開発した。この技術により、UV印刷と同等のリードタイムで製造することができ、生産性が大幅に向上する。

環境対応オフセット印刷「エコラスター™」の特長
・CO2排出量削減と植物由来の素材使用による環境負荷低減
 UVランプを使用せずに印刷するため、一般のUVオフセット印刷と比較してインキの原料由来と印刷工程でのCO2排出量を約34%削減することが可能。また、メタリックインキ以外は油性バイオマスインキを使用しているため、バイオマスマークと植物油インキマークが付与できる。

・生産効率を大幅に向上
 油性バイオマスインキと水性パックニスの組み合わせにより、油性印刷の課題であった製造リードタイムを大幅に削減し、生産効率向上を実現する。

・UV枚葉印刷並みの再現性と物性 
 色域が広く、色再現性に優れた油性インキを使用している。また、UV硬化型材料を使用せずに、UV印刷時と同等のグロス感を実現でき、インキ表面の滑り性と耐摩擦性も有する。

今後の目標
 凸版印刷はパッケージ製品の高機能化を推進し、食品や日用品などのパッケージ市場に、「環境対応オフセット印刷」を拡販。2022年度に関連受注も含め100億円の売上げを目指す。