UACJ(Thailand) Co,. Ltd. は、11月29日に開催された取締役会で、同社の子会社であるUACJ(Thailand)Co,. Ltd.(本社:タイ王国ラヨン県アマタシティ、社長:山口明則)に対しての設備投資実施を決議した。

1.設備投資の目的・理由
 

 同社の主力製品である缶材市場は、経済成長や人口増加に伴い需要が拡大するとともに、ユーザーのグローバル化が進行しており、特に成長著しいアジア市場において、今後も旺盛な需要が期待されている。自動車用アルミニウム市場においては、熱交換器材への需要が伸長する一方、北米を中心に需要が急拡大するパネル材も、今後アジア市場にも波及することが見込まれている。

 UATHは、2012年3月からラヨン製造所の建設に着手し、14年1月から冷間圧延から仕上げ加工にいたる下工程の第1期操業を開始。15年8月には、鋳造から熱間圧延までの上工程の建設(第2期)が完了、17年度年間約20万トンの生産体制を目指して、一貫生産を開始した。これまで、主にアジア市場における飲料缶メーカー、自動車部品メーカー向けに、飲料缶材、自動車用熱交換器材などの高品質でコスト競争力のある製品を供給し、16年10月には月産1万トンを達成し、ユーザーのニーズに着実に応えてきた。

 今後、同社が世界的に競争力のある真のアルミニウムメジャーグループとして、主に缶材を中心にグローバル化するユーザーのニーズに対応していくためには、日本・米国・タイの3極で確固たる生産基盤を築き、グローバルかつ安定的に供給することが必要不可欠となってきた。ラヨン製造所の優れた地の利を最大限に生かし、高品質・低コストの製品の提供をさらに追求して、国際的な競争を勝ち抜くため、設備投資による生産能力の向上とコスト低減による収益力のさらなる改善が必須であると判断し、投資を決定した。

2.設備投資の概要(予定)

 (1)所在地:本社、ラヨン製造所(タイ王国ラヨン県アマタシティ)敷地内

 (2)設備投資の内容:鋳造ライン(鋳造設備、屑溶解炉、溜炉)、熱間圧延ライン前後設備(スカルパー、加熱炉)、冷間圧延機、表面処理・塗装ライン、スリッター、建屋等

 (3)設備投資予定額:約370億円(約122億バーツ)(第3期)

 (4)稼働開始:2019年6月予定(第3期)

 (5)設備投資後の生産能力:年間約32万トン(第1~3期合計)

 今後の見通しでは、平成29年3月期の業績に与える影響はなく、設備投資資金は自己資金を中心に必要に応じて金融機関などから調達する予定。