東京建物㈱は、東京建物が保有・管理する「東京スクエアガーデン」において、㈱ブリヂストンおよび環境配慮型の素材開発から循環までを推進する㈱TBMとともに、東京スクエアガーデン内のブリヂストン本社オフィスより排出される使用済みプラスチックを回収し、自動選別装置で選別された資源プラスチックを用いたマテリアルリサイクル* の実証実験を2021年3月から5月末にかけて実施する。
 今後、再生したプラスチックはオフィス用品として再び館内で利用する予定。
*使用済み製品や生産工程から出るごみなどを回収し、利用しやすいように処理して、新しい製品の材料もしくは原料として使うこと。
 東京建物グループは、「グループ環境方針」に基づき、環境に配慮した事業活動を実施することで持続可能な社会の実現に貢献している。東京建物グループが保有・管理するオフィスビルに入居されている企業等からの、高まる再資源化等の要請に迅速に応じることができるよう、先行してプラスチックの資源循環スキームを構築し、環境配慮型オフィスビルである東京スクエアガーデンを皮切りにマテリアルリサイクルの推進に貢献することを目指していく。
 
■プラスチックリサイクルの機運の高まり
 プラスチックは、汎用性が高く、私たちの生活に必要不可欠な素材。しかし近年、「海洋プラスチックごみによる海洋汚染」や「CO2 排出量の増加による気温上昇」等が日本を含む世界各国で問題視されており、プラスチックを含む廃棄物問題の解決に向け、国内外でさまざまな施策が打ち出ている。
 国際的には、「バーゼル条約」の規制対象に汚れたプラスチックごみが追加され、自国におけるリサイクル等による資源循環スキーム確立の必要性が増している。
 日本では、政府による「プラスチック資源循環戦略」が発表され、2030 年までにプラスチックの再生利用(再生素材の利用)を倍増すること、また、2035 年までに使用済プラスチックを100%有効利用することがマイルストーンとされている。さらに、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律案」が2021 年3月9日に閣議決定され、特定のプラスチック製品の有料化や、市区町村、排出事業者による分別収集、再製品化の促進が求められる。
 
■オフィスなどの事業系プラスチックごみリサイクル義務化の見通し
 先に挙げた機運の高まりや、規制厳格化を受け、日本国内では2020 年 10 月、企業のオフィスや工場から出る包装資材や建材等、様々なプラスチックごみについて、今後大口排出する事業者にはリサイクルを義務付ける政府の方針が決定した。
 現状、事業者のオフィス・商業施設・交通施設から排出される事業系混在廃プラスチックは、年間約100 万トンに上り、大半が焼却されているが、今後大口排出者は、新たに分別・リサイクルについて計画を立てる必要が生じる。また、これを回収・選別・リサイクルするための新たなサービスが求められる。

■ペットボトルキャップ回収の取り組みについて
 プラスチック資源の国内循環が推奨されている中、ごみ袋はバージン素材を使用した、海外輸入品が大きな割合を占めており*1、プラスチックの再生利用への対応及び輸送の際の環境負荷低減が求められている。一方で、オフィスから排出される廃プラスチックの多くは再生利用されず、焼却処理されている。
 これらの背景を踏まえて、東京建物とTBM は、東京スクエアガーデンの各テナントよりペットボトルキャップを回収し、施設内で使用される「CirculeX ごみ袋*2」として生まれ変わらせる取り組みを開始。国内生産されたCirculeX ごみ袋を採用することで、海外で生産されたごみ袋と比較し、輸送距離とバージン材の利用を抑えられ、約45%*3のCO2を削減することが可能。
 この取り組みを通じて、プラスチックの再生利用を促進し、低炭素型の資源循環モデルを進めていく。
*1日本ポリオレフィンフィルム工業組合調べ
*2ストレッチフィルムを約68%とペットボトルキャップを約30%配合した再生原料98%を使用
*3使用や製造条件により、CO2削減見込みは異なりま