芝浦機械(株)は4月14日~17日まで、東京ビッグサイト青海展示棟で開催される、最先端の金型加工や金属プレス加工の見本市である「INTERMOLD 2021(第32回金型加工技術展)/ 金型展2021」に超精密マシニングセンタUVMシリーズを出品する。展示ブースは青梅展示棟Aホール(小間番号:A-372)。
 同展示会では、「『高・恒精度』加工と機上計測技術の融合」をコンセプトに、超精密マシニングセンタ UVM-450C(H)の実機展示の他、動画放映による製品説明を行い、金型加工における高精度化および省人化(自動化)に貢献する最新の支援機能を紹介する。
 超精密マシニングセンタUVMシリーズの特徴は次の通り。
(1)3軸~5軸加工まで対応可能な高速・高精度マシニングセンタ
(2)最高60,000min-1の自社製空気軸受主軸を標準搭載
(3)最小設定単位0.01μm(分解能0.5nm)の3軸リニアモータ制御
 バーチャル工場見学はこちらから。