イーストマン・コダック社では、2013年からスタートしたSONORA Plate Green Leaf Awardに代わる新たなプログラム「SONORA Plate Green Leaf Certificate」をこの度、開始した。
 SONORA Plate Green Leaf Awardプログラムは、印刷業界において、より持続可能な未来に向かい環境保全と環境負荷軽減に取り組んでいるKODAK SONORAプロセスフリープレートを採用しているユーザーを認定、表彰するプログラムとして2013年にスタートして以来、これまで全世界で93社のSONORAユーザーを認定し表彰してきました。
 KODAK SONORAプロセスフリープレートの採用ユーザーが世界で5,000社を突破したことを機に、イーストマン・コダック社では、より多くのSONORAユーザーに環境負荷軽減への取り組みを社内外に広くアピールしてもらうために、認定書の発行やロゴやポスターなど、取り組みをアピールするための様々なツールを提供するプログラムとして「SONORA Plate Green Leaf Certificate」を本年度より立ち上げた。
 「SONORA Plate Green Leaf Certificate」プログラムでは、SONORAを採用しているユーザーがイーストマン・コダック社に簡単な申請手続をするだけで認定書を受理することができるだけでなく、SONORAを使用していることをアピールするロゴデータや、SONORAの環境負荷軽減メリットをアピールするポスターなど各種マーケティングツールが利用可能となり、自社の取り組みを社内外にアピールするためのツールとして有効活用できる。
  SONORA Plate Green Leaf Certificateへの参加申し込み方法は、プログラム専用サイトにて、ユーザー自身または顧客窓口のコダックパートナーによる簡単な入力作業のみで登録可能。
<認定書見本>
SnapCrab NoName 2021 4 8 12 10 28 No 00 R

 

 

 

 

 

<ロゴ>
SnapCrab NoName 2021 4 8 12 10 37 No 00 R

 

 

 

 


<ポスター>
SnapCrab NoName 2021 4 8 12 10 46 No 00 R