2021 04 08 dnp 1 大日本印刷(株)(以下:DNP)は、循環型社会の実現に向けて、ICカードの材料をリサイクルしたプラスチック材に切り替え可能とし、2021年4月に製造を開始する。同社は、プラスチックのリサイクル推進やCO2排出削減を実現し、環境負荷の低減につなげていく。
 リサイクルプラスチック材を使用したICカードの第一弾として、(株)丸井グループみんな電力(株)と提携して発行している「みんな電力 エポスカード」で採用された。DNPは2018年頃から丸井グループと共に環境に配慮したICクレジットカードについて検討を進めてきており、今回、日本初となるリサイクルPVC(ポリ塩化ビニル)を使用した非接触対応のICクレジットカード(注)を提供する。
注:カード重量に対するリサイクル素材使用率約70%

【リサイクルプラスチック材を使用したICカードを製造の背景】
 日本政府は、プラスチック関連の資源・環境両面の課題に対して、2019年5月に「プラスチック資源循環戦略」(*1)を策定し、プラスチックの使用量削減やリサイクル推進に取り組んでいる。また、2020年12月には、経済産業省が「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」(*2)を発表するなど、脱炭素社会の実現に向けた取り組みも加速させている。
 こうしたなかでDNPは、2020年3月に「DNPグループ環境ビジョン2050」(*3)を策定し、2050年の温室効果ガス実質ゼロや資源の効率的な循環利用を掲げ、「脱炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」の実現に向けた取り組みを進めている。ICカードに関してDNPは、国内での製造シェアでトップを獲得しており、今回ICカード製造用のプラスチックをリサイクル材に切り替えることにより、プラスチックのリサイクル推進やCO2排出削減、環境負荷の低減を実現していく。

【リサイクルプラスチック材を使用した「みんな電力 エポスカード」の特長】
1.ICカード製造用のプラスチックをリサイクル材に切り替え
 今回、欧州のカード用リサイクルPVCを提供するサプライヤーと連携し、欧州のパッケージ工場から排出されるプラスチックの一つであるPVC(ポリ塩化ビニル)の廃材・中間材を回収し、リサイクル材の使用率99%に加工したシートを使用してカードを製造する。リサイクルPVCをICカードのコア部分に使用することで、リサイクル素材の使用率が約70%(重量比)になる、リサイクルプラスチック材を使用した非接触ICクレジットカードを日本で初めて実現した。
2.カード1枚あたり9.8gのCO2排出削減効果
 リサイクルPVCを使って製造することで、カード1枚あたり約9.8gのCO2排出量を削減する効果がある。「みんな電力 エポスカード」1,000枚で、約10KgのCO2排出削減効果を実現する。
【今後の展開】
 製品は、リサイクルPVCを利用しない従来のカードと比較して、5%程度の価格上昇を目処として提供していく予定。2021年7月を目途に、リサイクル素材を使用したICカードの量産体制を構築する。「脱炭素社会」「循環型社会」などの実現に取り組む金融機関のほか、ICカードや電子マネーカードを発行する事業者、ポイントカードや会員証等を提供する小売・流通企業などへ提供し、2025年度までに関連サービスも含めて約40億円の売上を目指す。
*1 プラスチック資源循環戦略 : https://www.env.go.jp/press/106866.html
*2 2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略: https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201225012/20201225012.html

*3 DNPグループ環境ビジョン2050 : https://www.dnp.co.jp/news/detail/10158096_1587.html