ダウは、4月14日~16日まで中国・上海で開催中の「electronica China 2021」の会議プログラム「International Automotive Electronics and Electric Vehicle Conference」において、2つの技術プレゼンテーションを行い、より持続可能なモビリティを実現するための先進的なシリコーンソリューションを発表する。電気自動車およびパワーエレクトロニクス分野における特定用途の課題に対応する、ダウの素材技術における取り組みについて、ダウの研究者が説明する。
SnapCrab NoName 2021 4 15 12 5 52 No 00 ダウのロ・スー(Lu Zou)博士は、プレゼンテーション「xEVにおけるダウのシリコーンソリューション(Dow Silicone Solutions in xEV)」(4月15日午前11時00分~11時30分[中国標準時])を発表する。
 ロ・スー博士は、プライグインハイブリッド車(PHEV)や燃料電池車(FCEV)などの電気自動車(xEV)において、ダウの高機能シリコーンを使い熱管理や導電性接着、電磁干渉(EMI)シールドを実現する方法を議論する。
 続いてキャシー・スー(Cathy Su)氏が、プレゼンテーション「ダウが実現する、ADASにおける高効率、安定性、保護性能(Dow Provides ADAS with High Efficiency, Stability and Protection)」(4月15日午後3時30分~4時00分[中国標準時])を発表する。
 キャシー・スー氏は、自動運転車の開発者が注目する先進運転支援システム(ADAS)向けのダウのシリコーン技術を紹介する。2つのプレゼンテーションはいずれも、上海新国際博覧センターで行われる。
 アジア太平洋地域および世界において持続可能なモビリティの成長を促進するために、製造を強化し、安心・安全、効率性、汚染防止、気候などの課題に対応できる設計が必要とされており、多くの企業がこのような設計の推進に貢献する輸送関連技術を求めている。
 ダウのモビリティ・トランスポーテーション担当グローバルマーケティングディレクター、イェルーン・ベロ(Jeroen Bello)氏は次のように述べている。
 「ダウは、緊密な協力関係を通じて、顧客が二酸化炭素排出量を削減すると同時に製造目標を達成することを支援しています。electronica China 2021でのプレゼンテーションでは、このコミットメントを示すとともに、ダウの実績ある技術、幅広い用途開発、技術的専門知識が、どのようにe-mobilityの課題に対応しているかについて説明します」
 また、この会議においてダウの発表者は、要求の厳しい自動車用途向けの、実績のある熱伝導性および電気伝導性シリコーンの詳細を説明する。これらのシリコーンにより、ADASの電子制御ユニット(ECU)やバッテリー用途において、熱、接着、シーリング、スループットの課題を管理し、信頼性の高い保護とシールドを実現する。
 ダウの最新のギャップフィラーおよび放熱性材料には、DOWSIL™ TC-5515 LT 低密度放熱ギャップフィラーがある。これは、エジソン賞の最終選考に残った製品であり、軽量のEVバッテリーパックの組み立てを可能にする。
 また、革新的なダウの素材であるDOWSIL™ EC-6601 導電性接着剤は、自動車のレーダー、カメラや、5G基地局の用途向けに信頼性の高いEMIシールドを提供する。
 会議では、ダウの広範かつ成長を続ける放熱ソリューションの製品群から、今春後半に市販される2つの新製品のプレビューも行う。DOWSIL™ TC-4551 CV放熱ギャップフィラーは、自動車のパワー用途や繊細な車載用エレクトロニクスにおいて、低分子シロキサンの低減と信頼性の高い性能を実現する、高レベルの放熱性を提供する。また、DOWSIL™ TC-2035 CV 放熱接着剤は、顧客の製品寿命を通して優れた性能を提供する、電子モジュール用の高性能接着剤。
 ダウは、ポリオレフィン、ポリウレタン、アクリル、特殊化学品、シリコーンなどの先進的な製品と広範なサービスを顧客の特定のニーズに合わせて提供するMobilityScience™プラットフォームを通じて、e-mobilityおよび輸送業界向けに専門知識と取り組みを紹介している。また、ダウは、ジャガー・レーシングの公式素材科学パートナーとして、素材科学に関する専門知識を生かして自動車の電動化に取り組んでいる。
 ダウのe-mobilityおよび輸送業界向けシリコーン技術の製品群は、世界中で提供されている。