DIC(株)は、健康食品などの藻類由来製品の事業拡大を目的としてバイオベンチャー企業であるバクサ・テクノロジーズ社(英名:Vaxa Technologies Ltd.、本社:イスラエル ロシュ・ピナ、以下「Vaxa社」)へ出資した。
 Vaxa社は、LEDを用いた独自のフォトバイオリアクター(PBR)設備と藻類培養技術を有し、他社に無いクリーンで付加価値の高い藻類製品を開発、商用化している。またそのプロセスは再生可能エネルギーを利用し、従来法と比べて非常に少ない土地、水の利用で高生産性を実現、かつ産業副生物である二酸化炭素を有効に変換するカーボンネガティブで極めてサステナブルなもの。
 DICは、藻類などの微生物を活用したバイオ技術の深耕と事業拡大を目的として、バイオベンチャー企業への出資や協業を行っている。このたびの出資により、同社が有する長年の藻類ビジネスの知見とVaxa社の培養技術を組み合わせることで、サステナブルでより健康な社会を実現する製品を開発、上市する。