三井化学(株)は、無孔でありながら湿度をコントロールできる新素材フィルム「無孔調湿フィルム」の市場開発を開始した。
 無孔調湿フィルム(開発品)は、無孔であるため、液体や雑菌などの異物はフィルムを通過させず、湿度のみ調整することができる。また、同フィルムの原料は、特殊ポリオレフィンで、現在市場に存在する調湿性を有する素材のように複合素材ではないため、将来のリサイクルも容易。
 なお、同フィルムは、これから第3回感染症対策総合展(6/17~6/19、ポートメッセ名古屋)および第9回高機能プラスチック展(6/23~6/25、インテックス大阪)に出展予定。

まるで呼吸するフィルム
 一般にウレタンフィルムのように透湿性の高いフィルムや、ポリオレフィンフィルムのように透湿性がほとんどないフィルムは存在する。一方、「無孔調湿フィルム」は、低湿度の条件下では水蒸気をほとんど通さず、高湿度の条件になるにつれ、水蒸気を徐々に通しやすくなるという特異的な性能を有している。その特殊な性能により「まるで呼吸するかのように」空間の湿度をコントロールする。

想定用途等
 液体や、雑菌などの異物を通さず、湿度のみをコントロールできることから、例えば、建築素材としてや、布や不織布と貼り合わせてアパレルや防護服などでの利用が考えられる。

用途例 その1
 このフィルムを屋根材や壁材に利用すると、室内の湿度が高まる夏場は湿気を逃がし、逆に室内が乾燥状態になりやすい冬場は、湿気を逃さず湿度を保てるものと考えられる。

用途例 その2
 不織布と貼り合わせて防護服などに利用すれば、患者の血液や雑菌を通さず、医療従事者の汗などの湿度を逃がし、医療活動に快適な環境を保てるものと考えられる。注意)現時点、「無孔調湿フィルム」はあくまで市場開発段階で特定分野での使用に必要な許可などは取得していない。