SPACECOOL(株)と、(株)マスコールは、放射冷却素材「SPACECOOL」を活用した産業ガスボンベカバーの共同開発を開始する。
 この素材は、直射日光下において、宇宙に熱を逃がすことで、エネルギーを用いずに外気温よりも温度低下する放射冷却*1素材。素材を開発した大阪ガスによる20年夏の実証実験においては、直射日光が当たった状態で、素材の表面温度が外気温より最大約6℃*2低くなったことを確認しており、世界最高レベル*3の放射冷却性能を実現している。
 SPACECOOL社とマスコールは、これまで本素材の産業ガスボンベカバーへの適用可能性の検討を進めてきた。これまでの検討結果を踏まえ、今後両社は以下の共同開発を開始し、共同で効果検証を行うことに合意した。
1)本素材を活用した産業ガスボンベカバーの共同開発
2)産業ガスボンベカバーの効果検証
 酸素や炭酸ガスなどの産業ガスの保存容器(ボンベ)には、高圧ガス保安法が適用され、表面温度を40℃以下に保つことが定められている。一方、夏場の屋外環境下では、日射により、40℃以下に保つことが困難であり、また具体的・効果的に温度を下げる方法が確立されていないのが長年の課題であった。表面温度が40℃を超える夏場には、安全弁が作動しガスが噴出することや、二次災害につながる可能性もある。
 夏場の屋外環境下でもガスが噴出することをゼロにしたいという思いから、実際に夏場の産業ガスボンベの利用環境で検証することで、この素材を活用した産業ガスボンベカバーの効果を明らかにし、有効な手段として確立することを目指している。

*1 : 熱せられた物体の熱が電磁波(光)として運ばれる現象のこと
*2 : 大阪市此花区の大阪ガスエネルギー技術研究所にて計測(計測時の周囲気温は約35℃)。
   放射冷却素材を施工した鋼板の裏面温度を測定。
*3 : 公開されている論文を用いた当社および大阪ガス調べによる。

放射冷却素材「SPACECOOL」について
フィルムと帆布の2種類の製品が開発済みである。

2021 07 21 spacecool1左から、フィルム(銀光沢、銀マット、白)と 帆布(銀、白)

2021 07 21 spacecool2産業ガスボンベカバーの共同開発について
 産業ガスボンベは、容量やガスの種類に応じて、サイズが異なる。今回は、7000Lのサイズの産業ガスボンベのカバーを試作し、大阪市此花区の大阪ガスエネルギー技術研究所内において、基本特性の評価や市販の産業ガスボンベカバーとの比較評価に加え、マスコールが産業ガスボンベの運搬時や顧客先等での評価も実施し、使い勝手や各使用環境下での特性を評価する。