JSR(株)は、7月21日、川崎市のキング スカイフロントに建設した新研究所「JSR Bioscience and informatics R&D center(JSR BiRD)」(橋本秀雄センター長、神奈川県川崎市川崎区殿町3-103-9)を開所した。JSR BiRDでは次の3つの施策を通じ新規ビジネスを創出する。
1.ライフサイエンス研究の深掘と社会実装
 細菌叢を核にしたライフサイエンス分野の研究を進め、その成果やアイデアを早期に社会実装することを目指す。
2.インフォマティクスの強化
 インフォマティクスの研究者の活動拠点となる。最先端のシミュレーション・深層学習を深耕することで同社の製品開発力を強化する。JSR BiRDを拠点に、JSRグループのインフォマティクスを通じた活動をより活性化し、デジタル変革を本格化してユーザーの価値へつなげる。
3.オープンイノベーション
 オープンイノベーションの拠点として、アカデミアやスタートアップ企業との共同研究で技術の相互補完と強化を行っていく、通常では交わらない3つの目的をもった研究者達がJSR BiRDでは自由闊達に交流し、意見交換しながらイノベーティブに研究開発を行う予定。
 JSR BiRDでの研究開発によって作り上げたJSRの製品群が、人々の健康で幸せな生活が可能な社会、安全安心で豊かなデジタル社会、低環境負荷で持続可能な社会に貢献していくことを目指す。