JNC(株)は、2021年8月1日出荷分よりオキソ誘導品をkg当たり12円以上値上げする。
 国産ナフサの基準価格は、2021年第3四半期(7~9月)は54,000円/KLを超える勢いで上昇している。自助努力によるコスト上昇の吸収は極めて困難な状況であり、また、需要回復による海外市況の高騰が続くなか、市況の内外格差が拡大している状況にある。これらを勘案し、需要家への安定供給体制を維持するためには、価格改定が避けられないと判断し、今般値上げを決定した。
 対象製品は、ノルマルブチルアルデヒド(NBA)、イソブチルアルデヒド(IBA)、オクタノール(OA)、ノルマルブタノール(NBO)、イソブタノール(IBO)、CS-12、CS-16、オクチル酸、イソ酪酸イソブチル(IBIB)、酢酸ブチル、酢酸イソブチル、酢酸イソプロピル(IPAC)。