(株)SCREENホールディングスのグループ会社である(株)SCREENアドバンストシステムソリューションズ(SCREEN AS)はこのほど、オーダーメードによるAI・人工知能ソリューションの開発・提供およびコンサルティング事業を展開する(株)Laboro.AIへの出資を決定し、資本業務提携契約を締結した。
 近年、ソフトウエア業界では、IT技術の革新的な進歩に伴い、ビッグデータ解析、IoT、AIなどへの注目が高まっている。また、製造業をはじめとしたさまざまな業種においても、モノづくりとインターネットを融合した新たな取り組みが進んでおり、より専門性の高いソフトウエア技術に裏付けられたITソリューションの確立が求められている。そのような需要増加を背景に、国際的な注目を集める半導体製造領域においては、製造プロセス全体のさらなる効率化・最適化・高度化が急務であり、設計・開発・生産等の各分野へのAI技術の活用が、国際競争力確保の重要な取り組み事項の1つとして挙げられている。
 今回の提携では、SCREENグループが展開する半導体製造装置をはじめとした各種製品、およびSCREEN ASが展開する各種外販ソリューションへのAI関連技術の応用戦略の企画、開発、実装に際して、Laboro.AIと協業してその推進を図ることに合意するもの。SCREEN ASとLaboro.AIが長期的な協業体制を構築し、双方の知見を集結させ、SCREENグループ内外でのAI技術開発・導入を促進していく。
 SCREEN ASは、今後もSCREENグループが目指す姿である「装置ビジネスから領域を広げ、ソリューションクリエーターへの転換に向けた業界プレゼンス確立」を推進していく。また、長年培ってきた装置に関するソリューションビジネスや外販ビジネスに活用することで技術分野においてシナジーを発揮し、先進のより洗練されたソリューションをグループ内外に提供していく。