2021 07 30 sdk 昭和電工(株)は、長期ビジョンでの目指す姿「持続可能なグローバル社会に貢献する会社」として、2050年のカーボンニュートラル実現に同社グループ全体で取り組んでいくことを決定した。
 気候変動に対する対策については、パリ協定(COP21)の採択をはじめ、世界規模でさまざまな取り組みが進んでいる。日本においても、政府のカーボンニュートラル宣言やGHG(温室効果ガス)排出削減目標見直しなど、カーボンニュートラルへの取り組みは今後ますます加速することが予想される。
 同社グループでは、2019年のTCFDへの賛同など従来から気候変動への対応を進めているが、さらに2050年にカーボンニュートラルを実現するために、以下のロードマップでGHGの排出削減を進めることを決定した。具体的な施策につきいては、昭和電工グループが発行した「昭和電工レポート 2021」(統合報告書)(注)にて詳細に紹介している。
 同社グループは、これまでもグローバル社会の持続可能な発展に資する多くの製品を提供し続けているが、より一層の貢献を実現するために、生産過程でのGHGの排出削減が今後の重要な課題であると認識している。このため、同社グループとしてのカーボンニュートラルの取り組みでは、同社グループが有する生産技術の進化、発展をより一層加速するとともに、すでに一定の技術を確立し事業化しているプラスチックケミカルリサイクルにおいても、カーボンニュートラルの視点を加えて2030年までを目標に技術開発を進める予定。
 またマイルストーンとして、2030年までにGHG排出量を2013年比 30%削減する目標を設定した。従来のバウンダリーを見直し、2023年統合予定の昭和電工マテリアルズとともに、省エネルギー、原燃料転換、設備改善による高効率化等の様々な施策を進めて排出量削減を実現する。
 これら取り組みの進捗については、同社のサステナビリティサイトや毎年発行する昭和電工レポート(統合報告書)にて公表する予定。

「昭和電工レポート 2021」(統合報告書) https://www.sdk.co.jp/csr/report/csr_report.html