三井化学(株)日本アイ・ビー・エム(株)(以下、日本IBM)および(株)野村総合研究所(以下、NRI)は、資源循環型社会の実現を目指し、コンソーシアムを設立する。コンソーシアムの活動として、資源循環プラットフォームを利用した実証実験への支援活動、複数企業による研究会開催、コンソーシアムで得た知見等の情報共有やコンソーシアム内外への提言等を計画するとともに、他団体とのオープンな関係構築を通じ、循環型社会の実現を目指す。
 三井化学と日本IBMは、今年4月に循環型社会実現に向け課題となる「素材のトレーサビリティ」を担保するため、ブロックチェーン技術を活用した資源循環プラットフォーム構築に向け、協働を開始した。今回、その取り組みを加速、拡大させるため、NRIを交えた3社でコンソーシアムの設立を目指す。コンソーシアムでは、トレーサビリティを通しリサイクル材の市場流通を促進し、循環型社会の構築を目標に、以下を目的に活動する予定。

●目的:
1.トレーサビリティを基盤とした、プラスチックリサイクル材の利用促進
2.資源循環に関するステークホルダー間の連携支援
3.資源循環に貢献した人や企業へのインセンティブ制度構築

●活動:
資源循環プラットフォームを利用した実証実験への支援活動、複数企業による研究会開催、コンソーシアムで得た知見等の情報共有やコンソーシアム内外への提言等を計画。

●役割:
3共同でコンソーシアムの運営を行い、各社の強みを活かした活動を想定している。
三井化学:モノマー・ポリマー等に関する豊富な知見やスキル、リサイクルを含む環境対応技術やノウハウの提供を行う
日本IBMロックチェーンを基盤としたトレーサビリティプラットフォームの利用支援する
     具体的には、排出した製品がリサイクルされ新たな製品となるモノのプロセスや
     複数のサプライチ
ェーン企業間との連携業務のプロセスをデジタル化しトレースできる支援する
NRI  :ビジネスモデル変革およびデジタル化への知見・経験業界団体や官公庁への提言の経験を活かし、企業・社会の変革を推進する。