ダウは、大規模かつ集約された生産設備を通じて、供給安定性および原材料へのアクセス向上を図るため、メキシコ湾岸地域におけるアクリル酸メチル生産設備への投資を発表した。米国ルイジアナ州セント・チャールズ工場において新規に増強される年産5万トンの生産設備は、2022年前半に操業予定。主に北米での需要に対応するとともに、世界的な需要増にも対応することが可能になる。
 「アクリル酸メチルは、水処理や熱可塑性プラスチック製品からインキ、樹脂、包装材料にいたるまで、市場の需要が高まっている幅広い用途で活用される重要な原料です。今回の生産増強に向けた投資により、北米だけでなく、世界のお客様へもアクリル酸メチルを供給できるようになります。ルイジアナ州での投資によって広がる可能性に期待しています」と、ダウ・パフォーマンス・モノマーズおよびプラスチック添加剤事業部のグローバルビジネスディレクターであるジム・ナウブ(Jim Knaub)氏は述べている。
 新規生産設備が稼働すると同時に、セント・チャールズ工場では、主にアクリル酸メチルとアクリル酸2-エチルヘキシルの生産に注力する。アクリル酸エチルの生産は、既存需要に対応する生産能力を持つテキサス州ディアパーク工場が担う。