2021 09 10 bandai (株)バンダイ(株)バンダイナムコアミューズ メントおよび(株)バンダイロジパルは、3社合同で、ガシャポンの空カプセルのリサイクル事業「ガシャポン カプセルリサイクル」を2021年9月10日(金)より開始する。ガシャポンのカプセルを原料としたリサイクルはカプセルトイ業界において初の取り組みとなる。
 今回の取り組みはガシャポンの空カプセルの循環スキームの確立によるプラスチックごみ排出の削減や枯渇資源の使用抑制を目的としている。バンダイナムコアミューズメントが国内で運営する4店舗のガシャポン取り扱い店舗などで消費者から回収した不要なガシャポンの空カプセルを、物流サービスを手掛けるバンダイロジパルが回収・配送し、プラスチックの再生加工などを行う関越資材(株)にて再資源化する。バンダイは、マテリアルリサイクルにて再資源化したペレットを原料に「リサイクルエコカプセル」を生産し、新商品のカプセルとして2021年度内に市場投入を予定している。なお2021年4月(※1)~2022年3月末までの空カプセル回収量は20t(φ5cmのガシャポンカプセル400万個相当)を見込んでいる。今後もバンダイナムコアミューズメントが運営する「ガシャポンのデパート」「ガシャポンバンダイオフィシャルショップ」を中心に空カプセル回収拠点のさらなる拡大を目指す。

※1 空カプセルの回収は2006年より開始。2021年4月より本プロジェクトのために規模拡大