東京応化工業(株)は、2021年9月から国内の全主要拠点で購入する電力を70%以上再生可能エネルギー由来の電力へと切り替えた。
 同社は2019年度※から再生可能エネルギー由来の電力の導入を開始し、今年度から約45,000MWhの年間購入電力の70%以上を再生可能エネルギー由来の電力とすることで、年間約14,000トンのCO2排出削減を見込んでいる。
 同社グループは、2020年8月に長期ビジョン「TOK Vision 2030」を発表し、新たな経営ビジョンとして「豊かな未来、社会の期待に化学で応える “The e-Material Global Company”」を掲げており、既存製品・新製品の開発を通じカーボンニュートラルの実現に貢献していく。
※2019年度から本社ビルの購入電力は100%再生可能エネルギー由来の電力に切り替え済み。2021年度から国内の生産・開発拠点の購入電力を70%以上再生可能エネルギー由来の電力に切り替えた。