リンテック(株)は、日用品や食品、家電製品などの表示用ラベルをはじめ、流通・通販、医療・医薬、あるいは自動車向けといった幅広い分野で使われている主力のシール・ラベル用粘着紙・粘着フィルムの全アイテムを対象に、2021年10月1日出荷分から販売価格を値上げする。
 同社ではこれまで生産性・歩留まりの向上や経費の削減など、徹底したコスト削減に取り組んできたが、昨今の原燃料価格の高騰や物流現場における人手不足に伴う集荷時間の前倒し、運賃値上げなどによって、粘着紙・粘着フィルムの製造コストが大幅に上昇している。加えて、各種原材料の供給不安や価格上昇などの影響を強く受けることも予想され、自助努力の限界を超える厳しい状況となってきたため、今回の値上げに至った。
 値上げ率は、粘着紙、粘着フィルムとも10%。