世界に「ない」ものを創造することをテーマに研究開発を展開する(株)日本抗菌総合研究所は、古河電工グループの古河産業(株)と、プラスチックコンパウンド加工のあらゆる課題を技術で解決するアルバファインテック(株)3社で開発を進めてきたシックハウス症候群の原因の1つとされるVOC(揮発性有機化合物)の低減を可能とする「VOC低減化消臭MB(マスターバッチ)」の開発に成功した。
 この成功により、幅広い樹脂製品のフィルム、シート、容器等に低減機能を付与することを可能とするだけでなく「SDGs=Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」17目標のうち「③すべての人に健康と福祉を」、「⑫つくる責任、つかう責任」の達成に寄与していく。

■低減化剤(VOC低減化消臭MB)について
 今回開発した「VOC低減化消臭MB」は、ペレット(粒子)状の分解消臭剤であり、高濃度の消臭成分であるVOC(揮発性有機化合物)低減化剤を練り込んだマスターバッチ。分散性に優れ、均一で安定しており、飛散や機材腐食の心配がなく、取り扱いも容易。また樹脂製品に消臭成分を付与することで、樹脂内外面より悪臭気を分解し再放出させずに減らすことができる。

特長
①消臭性
VOC(Volatile Organic Compounds : 揮発性有機化合物)「ホルムアルデヒド」
②安全性(食品添加物規格等)
③耐久性(非再放出)

適用樹脂
各種プラスチック【ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、ナイロン、ABS、PET、ポリカーボネート等】

用途
各種フィルム・シート、容器類、食品包装材、家庭用品、家電製品、自動車関連部品、工業製品、農業資材

■VOCについて
 VOC(Volatile Organic Compounds : 揮発性有機化合物)は揮発性を有し、⼤気中で気体状となる有機化合物の総称であり、アセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど多種多様な物質が含まれる。新築の住居などで起こるシックハウス症候群の原因のひとつと考えられていることなどから、⼈体への影響が懸念されるため、「13物質の室内濃度指針値」(厚⽣労働省)が策定された。

nihonkoukin202100915