2021 09 17 toppan 凸版印刷(株)は、高い水蒸気バリア性と優れた耐屈曲性を有し、幅広い内容物と包材形状に対応できるバリア紙「GL-X-P」を開発した。国内・国外の食品メーカーやトイレタリーメーカーを始めとした幅広い業界に向け、2021年9月下旬よりサンプル出荷を開始し、2022年春より本格的な販売を開始する。
 同製品は、高い水蒸気バリア性を有することで、湿度による内容物の変質を防ぐことが可能。また、優れた耐屈曲性を持つため、幅広い包材形状への対応も可能。これにより、さまざまな粉末・固体製品(インスタントコーヒー、粉末スープ、チョコレートなどの食品、化粧品やトイレタリー製品など)のパッケージへ展開できる。
 紙を使用した従来包材からの置換えにより、鮮度保持にともなう消費期限の延長が実現できることでフードロス削減に貢献する。また、「GL-X-P」自体がヒートシール性を有するため、紙単体での構成を実現、従来のプラスチックを使用した積層構成の包材からの切替えにより、プラスチック使用量の削減を実現するとともにCO2排出量を最大で約35%削減が可能。(※同社試算による)
 なお、同製品は、2021年9月27日(月)から9月29日(水)に米国・ラスベガスで開催される「Pack Expo Las Vegas」(会場: Las Vegas Convention Center, North Hall — N-9409)のToppan USA, Inc.ブース
及び9月28日(火)から9月30日(木)にドイツ・ニュルンベルクで開催されるFachpack(会場:NürnbergMesse, Hall:7 , Booth: 7-107)のToppan Europe GmbHブースに出品する。

■ 製品の特長
・高いバリア性を持つ紙製包材を実現
 GL BARRIER製品の開発を通じて培った独自の蒸着技術と耐屈曲性能を高めるコート加工を施しており、高いバリア性を実現するとともに優れた加工適性で多様な包材形状への使用が可能。
・ 紙素材の活用によりCO2排出量を削減
 ベースの基材に紙素材を採用し、ラミネーション工程を削減できることや、アルミフィルムを使わない構成とすることで、プラスチックフィルムを使用した従来品と比較してCO2排出量を最大約35%削減することが可能。(※同社独自計算)
・紙単一素材への切替で包材のプラスチック使用量ゼロを実現
 一般的な包材は、各種部材に加えてシーラント層にプラスチック素材を組み合わせた材質構成になっている。同製品は紙素材とヒートシール性を有するコート層のみで構成されているため、包材のプラスチック使用量ゼロ化が実現可能となった。
・紙本来の風合いを活かしたパッケージデザインが可能
 製品はバリア性を有しており、フィルムなどの別素材を用いる必要がないため、紙本来の風合いを活かしたパッケージデザインが可能。