三菱ケミカル(株)は、サーキュラ―エコノミー(循環型経済)や持続可能な開発目標(SDGs)実現への貢献のための取り組みとして、リサイクル性に優れた耐熱二軸延伸ポリスチレンシート(耐熱OPS®シート)を開発、量産体制を整えた。
 OPS®は軽量ながら強度があり、透明性や成形加工性にも優れるため、弁当容器のフタなど食品包装容器として広く使用されている。OPS®を成形加工する工程では、シートを打ち抜く際に端材が発生するため、従来原料としてリサイクルする取り組みが行われてきた。しかし、電子レンジで使用可能な耐熱性の高いOPS®は、端材を溶かしても混ぜあわせにくいため再シート化が難しく、リサイクルに適さないという課題を抱えていた。
 今回、三菱ケミカル、こうした顧客の課題意識を踏まえ、原料メーカーと共同で開発に取り組むことで、顧客の製造工程内でリサイクル可能な耐熱OPS®を開発した。既に複数の顧客との間でサンプルワークを進め、一部で採用も決まっている。