カルビー(株)は、2021年8月23日付で、瀬戸内海の海洋プラスチックごみ削減に取り組む「GREEN SEA瀬戸内ひろしま・プラットフォーム」(GSHIP)に参画した。カルビーは、創業の地である広島県において、他の参画企業・団体と共に活動を展開していく。
 海洋プラスチックごみによる環境汚染が世界的な問題となる中、瀬戸内海が影響を受けているごみの量は年間約4,500トン(「2010沿岸域学会誌」より)に及んでいる。
 瀬戸内海は、カルビー創業者の松尾孝が考案した「かっぱえびせん」の原点といわれる場所。“美しく恵み豊かな瀬戸内海を次世代へ継承する”という「GSHIP」の趣旨に賛同し、今般の参画に至った。
 「GSHIP」は、広島県が官民連携組織体として2021年6月に設立したプラットフォームで、瀬戸内海に新たに流出する海洋プラスチックごみの量を2050年までに「ゼロ」にすることを目指している。
 カルビーグループは、今後、石油由来のプラスチック包材削減や、環境配慮型素材への転換、社員による瀬戸内海の海岸清掃などを通じて、海洋プラスチックごみ削減に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献していく。