(株)ホリゾン(株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)はこのほど、印刷工場のさらなるスマートファクトリー化を目指し、2020年10月から共同開発を進めているAI(人工知能)を活用したソリューションについて、実用化の確認や性能向上を目的とした実証実験をエンドユーザーの協力を得ながら開始する。
 近年、印刷会社においては、生産現場のスタッフの高齢化や、人材不足が大きな課題となっている。そのため、スキルレスで高品質な印刷物を出力できる生産環境はもちろん、生産現場での多種多様なトラブルを誰でも簡単に解決できる、オペレーション支援の新たな手法などが求められている。
 こうした業界動向を背景に両社は、ホリゾンの「iCE LiNK」とSCREEN GAの「TRUST Network Service」に集積される生産ラインの稼働データを分析し、AIアルゴリズムを確立。生産ラインにおける条件設定の最適化や、トラブル解決策の提案、操作補助といったオペレーター支援機能を備えたAIエンジンの実現を目的に、エンドユーザーの協力の下、実証実験を開始することとなった。同実験では、AIエンジンの精度評価や分析対象データの検証を行い、それらを繰り返し改善することで、実用性の向上を図る。実験終了後は実用機能を開発し、2023年までに製品またはサービスへの搭載を目指すとともに、次世代スマートファクトリーの実現に向け、工場全体の装置データのさらなる分析・利用に取り組んでいく。
SnapCrab NoName 2021 10 14 14 51 52 No 00
 両社は今後も、デジタル印刷によるスマートファクトリーの実現に向け、さまざまなソリューションを提供していくとともに、印刷工程と後加工工程を統合的に捉えた視点から技術開発を進めることで、印刷業界の発展に貢献していく。