<2021年11月19日、ウルサン(韓国)発>Songwon Industrial Co., Ltd.は、本日、半導体の化学生産能力拡大に投資していることを発表した。
 第4次産業革命が進むにつれ、半導体の需要が急速に伸びており、それに伴い、IT産業向けの高性能特殊化学品や原材料(半導体を含む)、ディスプレイ材料に対する需要が大幅に伸びている。SONGWONの生産能力拡大投資により、半導体の製造に使用される主要な化学物質の十分な供給は確保され、この業界に求められる高い需要を満たす。さらに、SONGWONは、この業界の顧客に高品質の製品を提供し、市場のトレンドを先取りすることができる。
 2022年1月以降、SONGWONは、最新技術を採用した生産ラインを構築し、進化していく顧客ニーズを満たすために必要となる生産能力を実現する。「当社は電子材料事業、特に半導体関連材料の拡大を目指しています」と、スペシャリティケミカルズのビジネスユニットリーダーであり、グローバル研究開発のリーダーであるドンギョン パーク(Dongkyung (DK) Park)氏は説明する。「SONGWONの最大の強みの1つである一貫生産のノウハウを最大限に活用し、その技術を最適化して、原材料から最終製品まで最高の品質を確保できるようにします」。