世界に「ない」ものを創造することをテーマに研究開発を展開する(株)日本抗菌総合研究所(本社:奈良県奈良市、代表取締役:富士野彰宏)は、古河電工グループの古河産業(株)(本社:東京都港区、代表取締役:横田敦彦)と、プラスチックコンパウンド加工のあらゆる課題を技術で解決するアルバファインテック(株)(本社:茨城県常総市、代表取締役:武田久徳)の3社で、VOCとVSCを同時に低減し、さらに抗菌効果のあるマスターバッチ(MB)の開発に成功した。この成功により幅広い樹脂製品のフィルム、シート、容器等から溶出される有害物質や臭気を検出下限値まで低減化することが可能となる。

■低減化抗菌マスターバッチについて
 今回開発した「VOC・VSC-低減化抗菌MB」は、ペレット(粒子)の基剤でありCu・Fe・Agイオンを使用せずに人体や環境に悪影響を与える物質VOC(揮発性有機化合物)およびVSC(揮発性硫黄化合物)の低減を可能とし、さらに抗菌性能を付与したマスターバッチ。分散性に優れ均一で安定しており、飛散や機材腐食の心配がなく取り扱いも容易。

特長
①消臭性(9臭気対応)
 「VOC」アルデヒド系・・・ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド
 「VSC」硫黄系・・・硫化水素、メチルメルカプタン
 肪酸系・・・酢酸、イソ吉草酸
 アミン系・・・アンモニア、トリメチルアミン、ピリジン
②抗菌性(樹脂プレートによる)
抗菌活性値 2.0以上で抗菌活性あり
 大腸菌>5.9
 黄色ブドウ球菌>4.9

抗菌性
 一般生菌数 表裏 0個/g
 大腸菌群 表裏 陰性
③安全性
 食品添加物規格等
④耐久性
 非再放出(化学反応系消臭のメカニズムにより)

20211125nihonkokin

適用樹脂
 各種プラスチック【ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、ナイロン、ABS、PET、ポリカーボネート、塩化ビニル(PVC)等】

用途
 各種フィルム・シート、容器類、食品包装材、家庭用品、家電製品、自動車関連部品、工業製品、農業資材、福祉施設、床材・壁材等建材、繊維等

VOCについて
 VOC(Volatile Organic Compounds : 揮発性有機化合物)は揮発性を有し、⼤気中で気体状となる有機化合物の総称であり、アセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど多種多様な物質が含まれる。新築の住居などで起こるシックハウス症候群の原因のひとつと考えられていることなどから、⼈体への影響が懸念されるため、「13物質の室内濃度指針値」(厚⽣労働省)が策定された。

VSCについて
 VSCは揮発性硫⻩化合物(Volatile Sulfur Compounds)の略称であり、⼝臭や⽣ごみの主な原因となる硫化⽔素、メチルメルカプタン、硫化ジメチル(ジメチルスルフィド)などの硫⻩系が含まれる。

■古河産業について
 古河産業は古河電⼯グループの商社として、また、銅、アルミやプラスチックなどの素材のプロフェッショナルとして、エレクトロニクス、自動車、航空宇宙、社会インフラ、医療、マテリアル、鉄道、建築、情報通信など広範囲に事業を展開し、様々な産業において販売網を構築している。近年は、素材だけではなく、加⼯や物流機能、先端素材の共同開発など付加価値を提供するとともに、ドローンや半導体製造装置関連のビジネスモデル構築など、新たな価値を付加した複合的な商品やサービスの開発を進めている。

■アルバファインテックについて
 アルバファインテックは汎⽤樹脂からエンジニアリングプラスチックまで幅広く熱可塑性樹脂の着⾊加⼯や複合樹脂(コンパウンド)の製造を⾏っている。お客様の必要とされる品質を提供することを第⼀とし、お客様と共に調⾊や試作を⾏い、製品の⽴ち上げから量産まで対応している。

■⽇本抗菌総合研究所について
 ⽇本抗菌総合研究所は、世界に「ない」ものを創造することをテーマに研究開発基盤をコア・コンピタンスとした企業で、あらゆる粉末を⽔の中で崩壊させることを可能にするタブレット粒技術(国際特許)等の先端技術開発をはじめ、商品開発サポートをコアビジネスとしている。