2021 11 26 asahibeer アサヒビール㈱は、パナソニック㈱と共同開発したリユースカップ「森のタンブラー」を活用し、地域と連携した環境負荷低減の取り組みに力を入れている。今回、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドと同施設のSDGsパートナーであるおもろいカンパニー(同)と協力し、施設内で飼育するパンダが食べずに廃棄していた竹を使った「パンダバンブータンブラー」を開発した。12月2日からアドベンチャーワールド内のショップとアドベンチャーワールド公式オンラインショップで販売を開始する。
 この「パンダバンブータンブラー」の主原料には、園内で飼育するジャイアントパンダが餌として食べずに廃棄していた竹を55%使用している。「森のタンブラー」の原料として竹を使うのは、今回が初めて。種類は7種類で、12月2日から施設内のショップ4店舗とアドベンチャーワールド公式オンラインショップにて1,200円(税込み)で販売する。また、12月2日(木)から12月31日(金)で「PANDA BAMBOO」デザインの「パンダバンブータンブラー」を園内のフードショップにて数量限定販売する。

 今回の取り組みは、アドベンチャーワールドが取り組む「パンダバンブープロジェクト」の一環。このプロジェクトでは、ジャイアントパンダが餌として食べずに廃棄していた竹などをアップサイクルしている。今回、有機資源を主原料とする「森のタンブラー」の特長と製造技術を活用し、廃棄予定だった竹を「森のタンブラー」の原材料として使用することで、同プロジェクトを後押ししていく。