(株)ユポ・コーポレーションは、食品、化粧品ラベル等を主用途とするラベル用合成紙において、同社の独自技術により、プラスチック使用量を大幅に削減することが可能な新製品「ユポエアー」を開発した。12月8日から幕張メッセにて開催される第23回インターフェックスジャパン(主催:RX Japan)にて参考出展を行い、2021年度中の市場導入を目指す。
 日本は人口1人当たりのプラスチック年間総廃棄量が世界第4位※1。使い捨てプラスチックを大量廃棄している現状を背景に、2018年より環境省をはじめ、各企業、自治体にてワンウェイプラスチックの使用削減に向けた取り組みがスタートしている。
※1出典「Charles D, Kimman L, & Saran N 2021, The Plastic Waste Makers Index, Minderoo Foundation」2019年の国別使い捨てプラスチック廃棄量
 同社は、1969年の創業時より、持続可能な循環型社会を目指し、社会課題の解決を使命として事業を展開している。日頃から顧客目線での開発・品質向上に努めており、社会課題や生活者ニーズを反映した研究開発・改善に取り組んでいる。「ユポエアー」の開発背景には、世界各国が取り組む、環境負荷低減の取り組みの1つである、プラスチック資源循環に関する活動への貢献、合成樹脂を扱う企業が果たす社会的責任として、再生可能なマテリアルリサイクルの推進にも積極的に取り組んでいることが挙げられる。

 「ユポエアー」の特長
・一般的なPPフィルム※2と比べ、約46%、現行同社製品※3と比べて約20%のプラスチック量を削減。
・従来のユポ同様に耐久性と耐水性を兼ね備え、屋外や水まわり製品のステッカーに最適。
・印刷適性は、ラベルとして実績豊富な現行同社製品(SGS 80)と同等。
※2 一般的なPPフィルム(80μm)
※3 現行同社製品(ユポタック原紙SGS 80 以下SGS 80)と比較

プラスチック使用量削減について/他社製品および当社製品との比較
一般的なPPフィルム(80μm)に比べて約46%、現行同社製品(SGS 80)に比べて約20%のプラスチック量を削減。
※同一面積における、一般的なPPフィルム※4および同社製品との比較による調査
※4 PPフィルム(ポリプロピレンフィルム)
SnapCrab NoName 2021 12 1 15 40 12 No 00



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


製品概要
SnapCrab NoName 2021 12 1 15 40 35 No 00

 

 

 

 

 

 

 

導入が見込まれる業界
食品業界(食品用ラベル)
飲料業界(飲料用ボトルラベル)
家庭用品・日用品業界 他
(化粧品・トイレタリー関連ラベル)
SnapCrab NoName 2021 12 1 15 40 54 No 00

 

 

 

 

※画像はイメージ