SEMI(本部:米国カリフォルニア州ミルピタス)は1月11日(米国時間)、最新のWorld Fab Forecastレポートに基づき、半導体前工程製造装置(ファブ装置)への投資額が、2022年は前年比10%増の980億ドルを超え、3年連続して過去最高となるとの予測を発表した。これは、2020年の17%増、2021年の39%増に連続した成長。前回の3年連続成長は2016年から2018年であった。それ以前の記録は20年以上前の1990年代中期まで遡ることになる。
SnapCrab NoName 2022 1 12 13 41 43 No 00
 SEMIのプレジデント兼CEOのAjit Manoch(アジット・マノチャ)氏は次のように述べている。
 「半導体製造装置産業は、AI、自律機械、量子コンピューティングなど幅広いエマージングテクノロジーからの長期的需要に対応して半導体メーカーが生産能力を拡大する中で、過去7年間の内6年がプラス成長する過去にない成長期を続けています。生産能力の構築は、パンデミックにおけるリモートワーク、リモート学習、遠隔医療などのアプリケーションに不可欠なエレクトロニクスの旺盛な需要を超えて広がっています」

分野別投資
 ファウンドリの投資額は2022年に13%成長し全体の46%を占め、これに次いでメモリーが2021年から微減するものの全体の37%を占めることが予測される。メモリーの内、DRAMは減少し、3D NANDは増加傾向となるであろう。マイクロコントローラ(MPUを含む)の投資額は、2022年に47%と圧倒的な成長を見せるであろう。パワー関連デバイスも33%の旺盛な成長をするであろう。

地域別投資
 2022年の投資を地域別に見ると、韓国が首位となり、台湾と中国が続き、3地域で全体の73%を投資することが予測される。台湾は2021年に劇的な投資の増加をした後、2022年は少なくとも14%の上昇をする見込み。韓国も同様に2021年に投資が急増し、今年14%の増加が予測される。中国の投資額は20%減少するであろう。欧州/中東は、トップ3に次ぐ投資を2022年に行い、実に145%もの成長が見込まれている。日本の成長率は29%。
 SEMI World Fab Forecastレポートは2021年に27のファブ/ラインが装置を調達するとしており、その内のほとんどが、中国と日本となる。2022年に装置を調達するファブ/ラインは25あり、その多くは、台湾、韓国、中国にある。
 最新のSEMIのWorld Fab Forecastレポートは、1,422のファブ/ラインのデータを収録し、これには2021年以降に量産を開始する138の計画が含まれている。