ハイデルベルグとUVスペシャリストであるIST Metz社は、ドバイで開催されたEXPO2020で中東の約80名の顧客に印刷およびパッケージ分野の最新のイノベーションを披露した。その中では特に、印刷業界において世界的に最も急速に成長している市場分野であるパッケージ市場に焦点を当てた。中東地域のパッケージ業界は新型コロナ感染症拡大に伴う大規模な消費パターンの転換とeコマースの売上の急増に後押しされ、昨年需要が約10%伸びた。
 特にパッケージ製品への消費パターンの移行と、包装された食品、飲料、健康および衛生用品へのeコマースの需要の急激な増加により、パッケージの多様なニーズが生じている。
 この地域の印刷業界もこのトレンドの波に乗っており、印刷ボリュームはパッケージ商品への需要の増加によってさらに高まっている。中東の顧客は、現地で生産される商品の需要の高まりを受け、パッケージ印刷機およびラベル印刷機に投資している。2021年の秋以降、業界は再び正常化し、需要の伸びは感染症拡大前のレベルに戻っている。
 ハイデルベルグのセールス・マーケティング責任者であるルートビッヒ・アルゴワー氏は、「EXPO2020では、成長するパッケージセグメントにおける当社の主導的地位を強調することができました」と述べている。「わたしたちはIST Metz社と共に、革新的なテクノロジーとデジタイゼーションによる新たな可能性をお客様に披露することができました。わたしたちはお客様の生産性と収益性をさらに高めるためのサポートをします」。

伝統とハイテクの融合
 エアフィルターを備えたEXPO2020のバーデン・ヴュルテンブルクハウスのスポンサーとして、IST Metz社は現地で出展および顧客イベントを開催した。イベントには中東から多くの参加者が訪れ、「イノベーションの源」をモットーとしたバーデン・ヴュルテンブルクハウスの見学や、UVテクノロジーの世界を含む最新のアプリケーションと市場トレンドのプレゼンテーションが行われた。

SnapCrab NoName 2022 1 14 13 23 8 No 00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真1 ハイデルベルグとIST Metz社はドバイで開催されたExpo2020のバーデン・ヴュルテンブルクハウスで、中東の約80人の顧客に向けて最新の業界トレンドを紹介

SnapCrab NoName 2022 1 14 13 23 24 No 00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真2 マネジメントチーム(左から右)ハイデルベルグEMEA&ラテンアメリカ セールスディレクターディーラーマーケットのエドワード・プファイファー氏、ハイデルベルグ中東&サウジアラビアのザイード・アル・ジェニ氏、ハイデルベルグ セールス・マーケティング責任者のルートビッヒ・アルゴワー氏、IST Metz社キーアカウントマネージャーのホルガー・キューン氏、ハイデルベルグガルフ ゼネラルマネージャーのロジャー・ニコデム氏

SnapCrab NoName 2022 1 14 13 23 42 No 00 R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



写真3  Expo2020でのバーデン・ヴュルテンブルクハウス