バンドー化学は、2050年までにバンドーグループCO2排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラル実現に向けて、2030年までに燃料使用および電力に由来するCO2排出量を2013度比38%削減する目標(同社単体を設定した。

2022 05 12 bando 気候変動対応は全世界的な課題として認識されておりカーボンニュートラルへの取り組みが国内外で加速している。同CO2排出の削減に向けて、これまで事業拠点における燃料転換やLED照明、高効率ボイラーの導入など高効率設備への更新に取り組んでいるほか、物流においても、モーダルシフトや共同配送、ミルクラン等を取り入れている。加えて、ESCO事業や2国間クレジットなど新たな手法も積極的に導入してきこれら一連の取り組みにより2020年度のCO2排出量(スコープ12)は 4万1791トン1990年度30%削減)となり、CO2排出量を2020年度までに1990年度(5万9802トン)比20削減する」という「2020度目標」を達成している
 2020
年度は、2019年に策定した「CO2排出量を2030年度までに2013年度5万4703トン)比18%削減する」という「2030年度目標」の達成に向けたロードマップを策定したが、2050年カーボンニュートラル宣言」に基づり高い目標水準が日本政府から公表されたことを踏まえより目標設定した。