2022 06 22 basf BASFは、ドイツのシュヴァルツハイデに商業規模の電池リサイクルのためのブラックマス生産工場を建設する。今回の投資によって、BASFのシュヴァルツハイデにおける正極材(CAM)の生産・リサイクル拠点を強化する。中欧には多くの電気自動車メーカーや電池メーカーが存在するため、この拠点は電池リサイクルの取り組みの強化において理想的な立地である。この投資により、新たに約30の生産における業務を創出し、2024年初頭の稼働を予定している。
 ブラックマスの生産は電池リサイクル工程の第一段階であり、電池機械的に処理して行われる。生成されたブラックマスには、正極材の製造に使用される主要金属のリチウム、ニッケル、コバルト、マンガンが豊富に含まれている。ブラックマスは、
BASF2020代半ばに建設を予定している、電池リサイクル用の商業用湿式製錬所の原料となる。

 BASF触媒事業本部プレジデントの Dr. ペーター・シューマッハ氏は、次のように述べている。「商業規模の電池リサイクルのためのブラックマス生産工場への投資により、BASFは完全な電池リサイクルのバリューチェーンを確立するための新たな一歩を踏み出しました。これにより、エンドツーエンドのリサイクル工程を最適化し、カーボンフットプリントを削減できます。使用済み電池を新しい電池の正極材にリサイクルすることで、電池のバリューチェーン全体にわたりお客様をサポートし、採掘される原材料への依存度を減らし、サーキュラーエコノミーを実現します」
 電池リサイクルは、電気自動車のカーボンフットプリントを削減するだけでなく、
EUの電池規制案で期待されている、サーキュラーエコノミーに向けた政策要件を満たすうえで重要な役割を果たす。これには、リチウムイオン電池のリサイクル効率や、ニッケル、コバルト、リチウムの材料回収・リサイクル含有量目標などを含む。