日本包装学会は、第31回年次大会を2022年7月21日(木)、22日(金)の2日間、新型コロナウイルス感染症への対策として、オンライン開催する。
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、第29回年次大会は紙面開催、第30回年次大会はオンライン開催となった。第31回大会は、新型コロナウイルス感染症が終息への兆しを見せたことから、現地開催を検討していたが、変異株による感染再拡大のリスクを抱える不透明な状況の下、大会運営委員会において第31回年次大会の開催方法について議論を重ねた結果、今回も現地開催を中止とし、オンラインによる開催という結論に至った。
 第31回年次大会では「包装材料」、「輸送包装」、「加工・装置」、「環境・安全」、「評価手法」等のセッションにおける口頭・ポスター発表および製品展示コーナーをオンラインにて開催する予定。

 年次大会参加登録方法は、日本包装学会のホームページより、必要事項を入力して申し込むか、“年次大会参加登録申込書”に必要事項を記入の上、日本包装学会事務局にFAX(03-5337-8718)またはE-mail(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にて申し込む。登録申込は2022年713日(水)まで受け付け。
 プログラムは次の通り。

──────────────────────────────────────────────────────────
2022年7月21日(木) 1日目
──────────────────────────────────────────────────────────
ブレイクアウトルーム A
9:00 〜 オンライン発表者入場・接続確認
9:10 〜 開場
ブレイクアウトルーム A 発表者
9:30 〜 9:40 開会の挨拶
9:40 〜 10:10 【ポスターセッション概要説明】

10:10 〜 10:25 休憩

10:25 〜 12:05 【A1 包装材料︓バリア、フィルム、他】
a-01 ポリビニルアルコールを用いたグラフェン分散グラフェンを分散した有機-無機ハイブリッドガスバリア膜作製と膜特性評価
・・・ 神戶大学大学院海事科学研究科
○宮瀬 秀和、蔵岡 孝治
a-02 層状複水酸化物を用いた温度応答性を持つ有機-無機コンポジットガスバリア膜の作製と特性評価
・・・ 神戶大学大学院海事科学研究科 ○金子 和樹、蔵岡 孝治 弓削商船高等専門学校 池田 真吾
a-03 ポリ乳酸を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性評価
・・・ 神戶大学大学院海事科学研究科 ○文能 陽利、蔵岡 孝治
a-04 ガスバリア性接着剤を用いたハイバリア性を有するモノマテリアル包材の開発
・・・ 三菱ガス化学 (株) ○小林 菜穂子、河野 和起、武笠 和明

12:05 〜 13:40 昼食、ポスターセッション

13:40 〜 14:55 【A2 包装材料︓安全、他】
a-05 パルプモールドのリン酸エステル化による耐水処理
・・・ あいち産業科学技術総合センター産業技術センター ○村松 圭介
a-06 水性インクジェットプリンターFXIJによる環境改善とコスト削減効果について
・・・ (株)シンク・ラボラトリー ○重田 龍男
a-07 抗ウイルス段ボールの開発
・・・ レンゴー(株)中央研究所 ○田中 章雄、 藤本 丹⺠、渡辺 朱音

14:55 〜 15:10 休憩

15:10 〜 16:25 【B1 輸送包装︓振動、評価方法、他】
b-01 蓄積疲労評価からみた簡易型3軸同時振動試験の有効性
・・・ 神戶大学大学院博士前期課程 ○海原 大智 神戶大学輸送包装研究室 斎藤 勝彦 アイデックス(株) 上原 雅史
b-02 電池なし無線加速度センサによる輸送包装試験
・・・ 慶應義塾大学 ○三次 仁、徳増 理、市川 晴久
b-03 尖度応答スペクトルを目標としたランダム振動制御方法
・・・ 地方独立行政法人 大阪産業技術研究所 ○細山 亮、津田 和城、堀口 翔 IMV(株) 上野 和良、山内 佳門、中浦 裕史

16:25 〜 16:40 休憩

16:40 〜 17:30 【B2 輸送包装︓解析、他】
b-04 パレタイズにおける積付けパターンによる輸送安定性に関する考察
・・・ スターダイナ ○星野 裕昭 ファンクションベイ(株) 今関 亮介 エクサーチ(株) 高木 雅広
b-05 振動・落下・圧縮試験の解析・条件設定における類似性
・・・ 石塚包装設計・開発事務所 ○石塚 義夫

17:30 終了

ポスターセッション
* ポスター賞対象発表
12:05 〜 13:40 【P ポスターセッション 各ブレイクアウトルーム】
* P-01 アセチルセルロースを用いた海洋生分解性有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の開発
・・・ 神戶大学 ○古賀 結子、蔵岡 孝治
* P-02 キチン及びキトサン膜の水蒸気収着特性
・・・ 明治大学理工学部 ○⻄田 梨紗子、廣田 なつみ、永井 一清
P-03 グラフェンを分散したシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜のガスバリア特性
・・・ 神戶大学 ○蔵岡 孝治、平山 大悟
* P-04 ポリアクリロニトリルを用いたグラフェン分散有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の開発
・・・ 神戶大学 ○池 康平、蔵岡 孝治
* P-05 段ボール箱の余裕寸法適否検証に関する一提案
・・・ 神戶大学大学院博士前期課程 ○貞本 純杏 神戶大学輸送包装研究室 斎藤 勝彦 レンゴー(株) 東山
P-06 簡易加速度記録計による最大加速度と走行速度を用いた荷台振動の加速度実効値予測の検討
・・・ 地方独立行政法人大阪産業技術研究所 ○堀口 翔伍、津田 和城、細山亮 国立大学法人東京海洋大学 渡部 大輔
P-07 各周波数の正弦波の重ね合わせがランダム波のピークの形成に及ぼす影響
・・・ 大阪産業技術研究所 ○津田 和城、細山 亮、堀口 翔伍

─────────────────────────────────────────────────────
2022年7月22日(金) 2日目
─────────────────────────────────────────────────────
ブレイクアウトルーム A
9:00 〜 オンライン発表者入場・接続確認
9:10 〜 開場
ブレイクアウトルーム A 発表者
9:30 〜 10:00 【日本包装学会 奨励賞・論文賞講演】

10:00 〜 10:15 休憩

10:15 〜 11:30 【A3 包装材料︓容器、LCA、物性、他】
a-08 段ボールダイレクト印刷を施した高級感のある岩石標本箱の製作
―中学生を対象にした理科授業における活用―
・・・ 岐阜聖徳学園大学 川上 紳一、○早川 貞幸、橋本 壮平 ダイナパック(株) 山本 曉子、秦泉寺 沙紀、北村 潤一郎
a-09 水用最軽量2LPETボトルの開発
・・・ キリンホールディングス(株) R&D本部パッケージイノベーション研究所 ○大久保 辰則 山口 陽平
a-10 水溶性および非水溶性高分子を添加した層状化合物のX線による挙動観測
・・・ 凸版印刷(株) 神永 純一、○北原 吏里

11:30 〜 13:00 昼食

13:00 〜 14:00 【特別招待講演】
不便益という発想
・・・ 京都先端科学大学 工学部 機械電気システム工学科 ○川上 浩司 先生

14:00 〜 14:15 休憩

14:15 〜 15:30 【B3 輸送包装︓強度、他】
b-06 一定荷重負荷後の段ボール箱耐荷重特性
・・・ 神戶大学大学院博士前期課程 ○平田 宜己 神戶大学輸送包装研究室 斎藤 勝彦 レンゴー(株) 東山
b-07 機械学習を活用した段ボール強度推定の新たな試み
・・・ あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター ○飯田 恭平
b-08 損傷境界曲線を用いたハイブリッド自由落下試験
・・・ 神栄テクノロジー(株) ○川口 和晃 神戶大学輸送包装研究室 斎藤 勝彦

15:30 〜 15:45 休憩

15:45 17:00 【B4 輸送包装︓食品、物性、他】
b-09 ⻘果物包装の落下衝撃試験時の衝撃応答解析
・・・ 千葉大学大学院園芸学研究科 ○椎名 武夫、 梅原 仁美、白土 貴彬 ベンヤカート ニサリーファパジャジャラン大学 チプタニンティヤース ドゥルパディ 農研機構食品研究部門 渡邊 高志、北澤 裕明 (株)マインズ・アイ 名取 雅彦
b-10 果実および果実的野菜の繰り返し落下衝撃による蓄積疲労損傷の解析
・・・ 千葉大学大学院園芸学研究科 ○白土 貴彬、梅原 仁美 ベンヤカート ニサリーファ、椎名 武夫 パジャジャラン大学 チプタニンティヤース ドゥルパディ 農研機構食品研究部門 渡邊 高志、北澤 裕明 (株)マインズ・アイ 名取 雅彦
b-11 綿の衝撃試験についての基礎的研究
・・・ 東京国立博物館 ○和田 浩

17:00 17:20 閉会挨拶

ブレイクアウトルーム B
14:15 〜 15:30 【C 加工・装置/E 評価手法】
c-01 バリア性能向上を目的としたフッ素樹脂フィルムの表面冷却式レーザ溶着
・・・ 国士舘大学 ○佐藤 公俊 京都工芸繊維大学 山田 和志
c-02 ヒートシールの接着面温度を直接的にモニタ/制御する ≪界面温度制御≫の実用性の検討
・・・ 菱沼技術士事務所 ○菱沼 一夫
e-01 パウチ容器のシール後退特性評価法と品質予測法の開発
・・・ 花王(株) 包装技術研究所 ○若林 裕樹 花王(株) テクノケミカル研究所 和泉谷 勇太、⻑島