2022 06 24 heidel ハイデルベルグ・ジャパンは、622日、アイワード石狩工場で記者発表会を開催し、20219月に同社と国内4社目となるサブスクリプション契約を締結、今年20223月には反転機構付のスピードマスターXL106-4-Pの納入を済ませ、ハイデルベルグ サブスクリプション契約がスタートしたことを発表した。
 「Push to Stop コンセプトをいち早くご理解頂き、スマートファクトリーへの道を力強く歩んでいるアイワード様に、日本国内4社目としてハイデルベルグ サブスクリプションをご導入頂いたことを嬉しく思います。今後もより強固なパートナーシップでアイワード様のさらなる成功に貢献していきたいと思っています」と、社長のヨルグ・バウアー氏が最初の挨拶で未来の成功に向けての継続的なサポートを約束した。(
写真上段今年3月ハイデルベルグ サブスクリプションとして導入された新しいデザインの反転機構付スピードマスターXL106-4-Pの前でアイワードの奥山社長、大沢副社長、ハイデルベルグ・ジャパンの代表取締役社長ヨルグ・バウアー
 ハイデルベルグ・ジャパンでサブスクリプションビジネスを担当するライフサイクルソリューションズ本部の草壁氏は、「2019年に販売を開始したハイデルベルグ サブスクリプションは、単なる印刷機の分割払いではなく、その月額料金には、印刷機に加えてコンサルティング&トレーニング、ワークフローのソフトウェアであるプリネクト、そして、印刷資材と保守サービスが含まれています。すなわち、エンドツーエンド、包括的なサポートにより、機械が常にベストな状態で最高のパフォーマンスを実現できるよう、お客様のサステナブルなビジネスの成功に同じゴールを目指すパートナーとして貢献いたします。なお、印刷業界ではハイデルベルグだけが提供できるサービスです」と、印刷業界におけるそのユニークなサービスの内容について説明した。
写真中段目標は、①作業工程の削減、②設備を有効活用する、OEE(総合設備効率を向上させることと発表するアイワードの奥山社長

経営課題をともに乗り越えてきたパートナー
 機械が導入されて3か月が経過したアイワードの奥山社長は、「ハイデルベルグとの取引は、1974昭和494月に、より良い印刷物が提供できる会社でなければならないとの判断でB3オフセット印刷機KORDを導入したのが始まりです。それ以来48年間、スピードマスター72ZPスープラセッター、2台のスピードマスターSM102-8-Pカットスター付、XL106-8-Pカットスター1号機等々、さまざまな機械を導入してきましたが、その時々でハイデルベルグと共に弊社の経営課題を乗り越えてきたと感じています」と、長年にわたるハイデルベルグとのパートナーシップについて振り返った。(写真下段枚葉印刷部門全員が課題を共有し取り組んでいることが一番良かった点と話すアイワードの大沢副社長

ハイデルベルグ サブスクリプションに含まれる60回のコンサルタントに魅力
 
サブスクリプションという新しいビジネスモデルの導入を決めた理由については、「現状のやり方を続けていれば組織を維持し、経営していくことができなくなると考えています。受注からプリプレス、プレス、ポストプレスのワークフローを見直し、働き方を変える必要性を深く認識しています。ハイデルベルグ サブスクリプションに含まれる60回のコンサルタントには、その働き方を変えるを実現してくれる大きなポテンシャルを秘めていると感じました」と、奥山社長はSM102-8-PSM102-4-Pとの入れ替えを決断した理由を語る

プロジェクトのメインテーマは、「解き放て ポテンシャル!」
 続いて、ハイデルベルグ
サブスクリプション導入の目標ついて奥山社長は、「プロジェクトとして、枚葉印刷部の仕事の仕方と仕組みを見直し・改革し、その潜在能力を最大に発揮させるものと位置付けており、その目標は、作業工程の削減、設備の有効活用、③OEE(総合設備効率の向上です」と目標を明確に示し、さらにそのプロジェクトのメインテーマが「解き放 ポテンシャル!」であることと紹介した。

枚葉印刷部門全体へのポジティブな影響を高く評価
 ユーザーとハイデルベルグの関係者が集まって、目標に対して現状がどうなっているか、目標に
達していなければ、なぜ達していないのか、また、達成するために何が必要か等を話し合う月に一度のマンスリーコールと呼ばれる会議にも参加している大沢眞津子取締役副社長は、「機械が入ったのは一番忙しい3月で、トレーニングと同時に、生産もしなければならないという状況でしたが、ハイデルベルグのサポートのおかげで、課題だった印刷枚数をそれほど残業もせずにクリアできました。まずこの時に、ハイデルベルグ サブスクリプションというソリューショの高い能力を感じました。また、毎月のマンスリーコールには、枚葉印刷部門の全員が出席して、サブスクリプション対象の機械に限らず、枚葉印刷部門全体のOEEをどうしたら上げられるか、準備時間をどうしたら減らせるか等の課題に一丸となって取り組んでくれています。こうし
た点は、今までの機械の導入とは全く違うプロセスになっています。私は、今、このことが一番良かったと考えていますと、枚葉印刷部門全体へのポジティブな影響を高く評価した。
 最後に、今後のハイデルベルグへの期待として奥山社長は、「出版社様などブック印刷
を発注するユーザーと読者の“体験価値”の見える化が大事となる時代です。当社は、“顧客事業の成功と維持・増幅”、“顧客が何を考え、どのような行動を経てブック印刷のパートナー関係を結ぼうとしているのかの把握”、“顧客が顧客を呼ぶ善循環へのリード”などに注視した経営活動を目指していきます。これから60か月は、ハイデルベルグがこれらの経営課題を共有するパートナーとなっていただくことを期待しています」と、締めくくった。